So-net無料ブログ作成

続けて原田マハ [本]

i20190731_0609.jpg 


一番の暑さですね。

寝付きは良い私ですが、最近は少し時間がかかります。

朝はずいぶん汗をかいています。

 

冬もそうなのですが、暑い時期はお出かけ前のシャワーがなくてはなりません。




m20190727_0522.jpg


原田 マハ さんの本を続けて読みましたが、更に二冊買いました。

買ったのは27日ですが、『一分間だけ』は一日で読み終わり、『楽園のカンヴァス』を読んでいます。

 

 

m20190727_0525.jpg



m20190727_0518.jpg


内容については Amazon の書評などをご覧いただきたいのですが、表記に感心します。

 

これはこの前に読んだ『フーテンのマハ』の文章ですが、“まことに” は “誠に” と表記されるのが普通でこの文章のように表記すると直されてしまうかもしれませんが、意味は “本当に” ということなので “真に” が本来の表記です。 “誠” は当て字です。

 

 

m20190727_0574.jpg

 

“享年〇〇歳” と書かれることもありますが、享年というのは “生を享けた年数” という意味なので “歳” はつけないのです。



m20190727_0572.jpg
 

“レトリバー” と書かないだけマシですが、”リトリーバー” でなくてはなりません。

retriever の発音については以前取り上げましたのでこちらをご覧下さい。

 

 
x20190727_0520.jpg
 

でも『一分間だけ』では正しく表記されています。

 
 
x20190728_0581.jpg
 

しかしこちらは “歳” がつけられてしまっています。

 

オリジナルが出た時期にもよるかもしれませんし、文庫化に際して表記を直したということもあるかもしれません。

サイン会などお話しできる機会がもしあるようならお訊きしてみたいものです。

 
 
m20190727_0526.jpg
 

犬好きにはたまらない内容で、特にゴールデンを飼っている人は共感できる点が多いでしょう。

でも小説としては、『本日は、お日柄もよく』に似た点もあるのですが、まだ甘さを感じるところがありますね。

この作家の持ち味はやはり経歴を生かしたアート関連のものによく発揮されると思えます。

 

 


m20190727_0523.jpg


今日から読み始めてもう半分読みました。

強くて魅力的な女性が登場するのもこの作者の持ち味かなと思います。

『一分間だけ』の編集長もそうですが、終わりの方に行ってちょっとどうかなと思える展開がありますし、『本日は、お日柄もよく』ではヒロインがどうして才能があると見込まれたのかがよく伝わりません。

この辺とかどちらも病気を使って物語を進めるその進め方がちょっと甘いと感じる部分でもあります。




m20190727_0524.jpg


i20190731_0591.jpg


休憩した場所に咲いていました。




i20190731_0596.jpg


i20190731_0602.jpg


i20190731_0607.jpg


新潮文庫を二冊買ったのでうちわ型の栞をもらいました。



四種類あるようです。



nice!(31)  コメント(2) 
共通テーマ: