So-net無料ブログ作成
花、植物 ブログトップ
前の10件 | -

黄色の季節 [花、植物]

i20191109_6580.jpg


昨日の朝の続きです。


昨日と違って晴れましたが、日陰にいると少し肌寒さを感じます。

 



i20191109_6518.jpg


枝で傷つくので形は悪いです。




i20191109_6519.jpg


菊らしい色の黄色が咲きましたが、赤が入るところは少しハイカラです。

アクセサリーのように蜘蛛がいます。




i20191109_6520.jpg


i20191109_6523.jpg


随分しばらくぶりにカタツムリを見ました。




i20191109_6528.jpg


i20191109_6535.jpg


明日は雨らしいです。

 



i20191109_6538.jpg


i20191109_6540.jpg


中央が黄色。




i20191109_6541.jpg


i20191109_6544.jpg


フロックスは最後の頑張りです。




i20191109_6550.jpg


皇帝ダリアはやっぱり水滴をぶら下げています。




i20191109_6556.jpg


i20191109_6559.jpg


強い色の赤も中心は黄色です。




i20191109_6560.jpg


濃いめのクリーム色。




i20191109_6561.jpg


濃い黄色。




i20191109_6562.jpg


赤も少々。




i20191109_6563.jpg


ピンク。




i20191109_6567.jpg


全部花弁であるかのような形。




i20191109_6568.jpg


下の方の葉は早く終わってしまいます。




i20191109_6569.jpg


i20191109_6571.jpg


i20191109_6578.jpg


i20191109_6579.jpg


i20191109_6582.jpg


ふぐ刺しのように。




i20191109_6584.jpg


i20191109_6585.jpg


季節は関係ないと言わんばかりに。




i20191109_6588.jpg


ほっとする色です。




i20191109_6598.jpg


アメジストセージもそろそろ終わり。




i20191109_6601.jpg


アップで見るとフカフカです。

 

暖かいところを求めて出かけましょう。



nice!(16)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

曇り空の下菊は咲く [花、植物]

i20191109_6457.jpg


空が重い朝です。

早朝は雲の隙間から光が見えた時もあったのですが、曇っています。

風はないですが裸足とサンダルでは足が冷たく感じます。




i20191109_6439.jpg


バラもぼちぼち咲いています。




i20191109_6440.jpg


i20191109_6443.jpg


今までこれをアツバキミガヨランとしていましたが、イトランであることがわかりました。




i20191109_6444.jpg


キミガヨランとアツバキミガヨランとイトランは花はそっくりで葉の特徴で区別します。




i20191109_6445.jpg


皇帝ダリアの葉には今日も水滴です。




i20191109_6449.jpg


おや芋虫がいました。

オンブバッタはいませんでした。




i20191109_6450.jpg


菊が勢いづいています。




i20191109_6451.jpg


i20191109_6459.jpg


霜が早いか咲くのが早いか。




i20191109_6461.jpg


山茶花がようやく少し咲きました。




i20191109_6463.jpg


オキザリスの葉が赤くなりました。




i20191109_6464.jpg


クジャクアスターもたくさん開きました。




i20191109_6467.jpg


小さな、品種もわからない菊も咲いています。




i20191109_6468.jpg


i20191109_6470.jpg


山茶花の根元にこんなものがありました。




i20191109_6472.jpg


どうやら虫が穴を掘ったようです。

なんの虫でしょう?




i20191109_6473.jpg


花蘇芳がまだ少し咲いています。




i20191109_6477.jpg


皐月もまだ咲いています。

 



i20191109_6437.jpg


鉢植えのシクラメンを外に出しました。

 



i20191109_6479.jpg


i20191109_6481.jpg


i20191109_6482.jpg


i20191109_6486.jpg


クチナシの実が色づいています。




i20191109_6487.jpg


秋になっても咲きます。




i20191109_6491.jpg


i20191109_6492.jpg


ニラがタネになりました。




i20191109_6496.jpg


なんでノゲシという名前なのでしょう?




i20191109_6499.jpg


ホトケノザは可愛らしいです。




i20191109_6503.jpg


i20191109_6505.jpg


ややクリーム色に近い色です。




i20191109_6506.jpg


どうやらこれが鶏頭の開花のようです。




i20191109_6507.jpg


i20191109_6509.jpg


まん丸です。




i20191109_6514.jpg


まだ紅葉は見られないでしょうねぇ。



nice!(16)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

雨上がる [花、植物]

i20191104_6232.jpg


また明け方まで降っていたようですが、上がっています。

穏やかな秋らしい朝ですが、昨日よりは雲は少ないです。

水滴がいっぱいです。

 

昨日の朝の続きですが、今朝も撮りました。




i20191103_6109.jpg


鶏頭はマイペースです。




i20191103_6123.jpg


降らなくても皇帝ダリアの葉には水滴ができます。




i20191103_6127.jpg


獅子柚子が色づいていますが、形はよくないです。




i20191103_6128.jpg


i20191103_6129.jpg


i20191103_6131.jpg


菊が本番を迎えます。




i20191103_6137.jpg


i20191103_6140.jpg


i20191103_6146.jpg


i20191103_6148.jpg


i20191103_6151.jpg


i20191103_6154.jpg


i20191103_6155.jpg


i20191103_6158.jpg


i20191103_6159.jpg


i20191103_6165.jpg


i20191103_6166.jpg


i20191103_6168.jpg


i20191103_6171.jpg


i20191103_6172.jpg


i20191103_6175.jpg


来週から再来週にかけて一段と賑やかになりそうです。




i20191103_6179.jpg


皇帝ダリアの葉のつき方は変わっています。




i20191103_6183.jpg


i20191103_6187.jpg


この付け根から新しい芽が出るのですからかなり変わっています。




i20191103_6211.jpg


このバラは横に広がります。

 



i20191103_6209.jpg


逆さにすると昔の貴婦人のスカートのようです。

 



i20191104_6223.jpg


今朝です。




i20191104_6230.jpg


ランタナの色がきれいに出ました。




i20191104_6240.jpg


松の若木に水滴が光ります。




i20191104_6242.jpg


i20191104_6243.jpg


シュロに実ができて台風でだいぶ落ちました。




i20191104_6244.jpg


きれいな朝日です。




i20191104_6249.jpg


i20191104_6258.jpg


水滴が朝日を映します。

 



i20191104_6267.jpg


お出かけに良い日です。



nice!(21)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

菊、始まる [花、植物]

i20191103_6046.jpg


秋らしい朝になりました。

少し雲があっ李ますが空は明るいです。

秋らしい冷え込みで今までより一枚上に羽織っています。




i20191103_5985.jpg


白いバラが咲きました。

 

夜明け直前です。




i20191103_5990.jpg


i20191103_5998.jpg


i20191103_6003.jpg


ピンクも咲きました。




i20191103_6009.jpg


いよいよ開き始めました。




i20191103_6017.jpg


皇帝ダリアの葉には今日も水滴がたくさんできています。




i20191103_6022.jpg


i20191103_6026.jpg


i20191103_6030.jpg


i20191103_6031.jpg


ランタナは冷えてきても元気です。




i20191103_6034.jpg


太陽が出てきました。

 



i20191103_6035.jpg


台風でほとんどダメだったのにまた葉を伸ばして蕾までつけました。

霜との競争です。




i20191103_6039.jpg


エンジェルストランペット、和名キダチチョウセンアサガオです。




i20191103_6041.jpg


i20191103_6060.jpg


ノゲシは綿毛になるとタンポポとよく似ています。




i20191103_6063.jpg


ローズヒップは可愛い色です。




i20191103_6065.jpg


クジャクアスターはまとまっていると確かに孔雀みたいでしょうね。




i20191103_6067.jpg


i20191103_6069.jpg


ブッドレアもまだ咲いています。




i20191103_6073.jpg


シジミチョウがカタバミの上でじっとしています。




i20191103_6078.jpg


ミセバヤは多肉植物です。




i20191103_6084.jpg


一つ一つはこんな形をしています。




i20191103_6086.jpg


i20191103_6087.jpg


黄色には赤が混じりますが、赤には黄色は混じりません。




i20191103_6091.jpg


セイタカアワダチソウってよく見るとこんななのですね。




i20191103_6095.jpg


小さな菊に朝日が当たります。

 



i20191103_6097.jpg


朝日は人参の葉を光らせます。




i20191103_6102.jpg


i20191103_6103.jpg


ホトケノザは春の七草の「ほとけのざ」から名前を奪ってしまいました。




i20191103_6107.jpg


春の七草の方はコオニタビラコと呼ばれるようになりました。

 


続きは明日アップします。



nice!(17)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

一部再開:泉自然公園 [花、植物]

l20191027_5751.jpg


昨日行ってみたところ千葉市若葉区の泉自然公園は大雨の影響で閉園していましたが、今日 HP でチェックしましたところ一部開けるとあったので行ってみました。




l20191027_5756.jpg


駐車場は無料でしたが、駐車場から下の菖蒲田などへ降りることはできません。

これでは見るところがないではないかと思いながら仕方がないので周囲を観察しました。




l20191027_5758.jpg


駐車場から見えるだけでもかなり木が倒れています。




l20191027_5761.jpg


l20191027_5763.jpg


カマキリの卵ではないかと思うのですが、どういう種類なのかわかりません。




l20191027_5767.jpg


l20191027_5770.jpg


l20191027_5771.jpg


l20191027_5772.jpg


ツクバトリカブトです。


以前案内板でこの園内にあることは知っていたのですが、見たのは初めてです。




l20191027_5773.jpg


ドクウツギやドクゼリと並んで日本三大有毒植物の一つとされ、トリカブトの仲間は日本には約30種が自生している。

花の色は紫色のほか、白、黄色、ピンク色など。多くは多年草である。

沢筋などの比較的湿気の多い場所を好む。

 

トリカブトの名の由来は、花が古来の衣装である鳥兜・烏帽子に似ているからとも、鶏の鶏冠に似ているからとも言われる。

英名の"monkshood"は「僧侶のフード(かぶりもの)」の意。

 

塊根を乾燥させたものは漢方薬や毒として用いられ、烏頭(うず)または附子(生薬名は「ぶし」、毒に使うときは「ぶす」)と呼ばれる。

本来、「附子」は球根の周りに着いている「子ども」の部分。

中央部の「親」の部分は「烏頭(うず)」、子球のないものを「天雄(てんゆう)」と呼んでいたが、現在は附子以外のことばはほとんど用いられていない。

 

俗に不美人のことを「ブス」というが、これはトリカブトの中毒で神経に障害が起き、顔の表情がおかしくなったのを指すという説もある。

ヨーロッパでは、魔術の女神ヘカテーが司る花とされる。

ギリシア神話では、地獄の番犬といわれるケルベロスのよだれから生まれたともされている。

狼男伝説とも関連づけられている。


 

l20191027_5782.jpg

主な種

 ハナトリカブト 

 カワチブシ 

 ハクサントリカブト

 センウズモドキ 

 ヤマトリカブト    分布は関東西部、中部地方東部。

 ツクバトリカブト 

 キタダケトリカブト

 レイジンソウ    分布は関東地方以西、四国、九州、朝鮮

 アズマレイジンソウ 分布は東北、関東、中部地方

 ヨウシュトリカブト 模式種

 タンナトリカブト

 エゾトリカブト   アイヌが矢毒に用いた

 ホソバトリカブト 

 オオレイジンソウ 

 ダイセツトリカブト 

(トリカブト:Wikipedia)

l20191027_5783.jpg

 

l20191027_5784.jpg


l20191027_5777.jpg


イヌショウマ




l20191027_5789.jpg


l20191027_5791.jpg


l20191027_5792.jpg


l20191027_5794.jpg


l20191027_5796.jpg


見頃は過ぎましたが、シャクナゲです。




l20191027_5797.jpg


l20191027_5800.jpg


木蓮の上の方にカタツムリがいました。




l20191027_5802.jpg


l20191027_5804.jpg


ススキをまじまじと見ることはあまりないですね。




l20191027_5805.jpg


帰るときに気づきましたが、入り口のゲートから左方向、桜のある草原までのルートと草原は入れたようです。

 

全面的に再開するのはまだ当分かかるのかもしれません。




l20191027_5865.jpg


帰る途中、カラスウリに気がつきました。




l20191027_5866.jpg


l20191027_5869.jpg


l20191027_5870.jpg


l20191027_5871.jpg


l20191027_5872.jpg

 

黄色くなるのはキカラスウリという別の種類だそうです。



nice!(21)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

まだ水路は流れている [花、植物]

i20191027_5596.jpg


2日続けて撮るのは久しぶりです。

空には一面の雲です。

おかげで夜明けがきれいでした。




i20191027_5605.jpg


水路の水は少し減ったように見えますが、まだ今までにないほど流れています。

どこからこんなに集まるのでしょう。




i20191027_5628.jpg


i20191027_5651.jpg


昨日は降らなかったので水滴はほとんど見られませんが、皇帝ダリアの葉は今日もきれいな水玉を作っています。




i20191027_5652.jpg


i20191027_5653.jpg


いつも首飾りを作るバラの花にも今日はありませんでした。




i20191027_5659.jpg


i20191027_5661.jpg


ローズヒップがうっすらと汗をかいたようになっています。




i20191027_5662.jpg


i20191027_5664.jpg


ガザニアも。




i20191027_5665.jpg


i20191027_5667.jpg


これも多分キク科ですが、種類はわかりません。




i20191027_5670.jpg


i20191027_5674.jpg


今日もスズメバチがいました。

二匹ですが、スズメバチがお茶の蜜を吸うのだとは初めて知りました。




i20191027_5680.jpg


オキザリス。




i20191027_5691.jpg


軒下のバラ。




i20191027_5705.jpg


ベニバナトチノキが本気で咲いてしまっています。




i20191027_5707.jpg


i20191027_5711.jpg


i20191027_5721.jpg

 

昨日も見ましたが、今日もオンブバッタがいました。

皇帝ダリアの葉に大抵います。

 

 

オンブバッタは上に乗っている小さい方がオスですが、調べてみると別に夫婦だというわけでも仲が良いというわけでもなくてオスが必死にしがみついているのであるらしいです。



nice!(17)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

大雨の後 [花、植物]

i20191026_5509.jpg


この時期らしい爽やかな朝ですが、大雨の名残がまだあります。




i20191026_5448.jpg


軒下のバラは今は黄色が主役です。




i20191026_5457.jpg


濃いピンクも少し。




i20191026_5461.jpg


ランタナを後ろから撮ってみます。




i20191026_5462.jpg


暑いところが好きなはずですが、気温が下がった今になって賑やかになってきています。




i20191026_5467.jpg


アメジストセージは強いです。




i20191026_5469.jpg


菊の仲間が少し咲き始めました。




i20191026_5471.jpg


i20191026_5474.jpg


エノコログサが茶色くなって、朝日がさらに濃く染めます。




i20191026_5476.jpg


ムクゲはまだ咲きます。




i20191026_5477.jpg


i20191026_5485.jpg


水路はあふれはしませんが、周囲の畑から雨を集めました。




i20191026_5486.jpg


ブッドレアの葉に蜂がじっとしていました。




i20191026_5490.jpg


i20191026_5491.jpg


子供の頃は先の方に清水が湧く場所があっていつも流れていたのですが、今は雨の後しか流れません。

 



i20191026_5492.jpg


i20191026_5496.jpg


朝になってもまだ音を立てて流れています。




i20191026_5498.jpg


i20191026_5502.jpg


シオンはもう終わりです。




i20191026_5523.jpg


鶏頭がマイペースです。




i20191026_5525.jpg


ツワブキは最盛期のようです。




i20191026_5527.jpg


i20191026_5533.jpg


皇帝ダリアの葉にいつものように水滴が残っていました。




i20191026_5541.jpg


二階建てです。




i20191026_5550.jpg


これから始まります。




i20191026_5552.jpg


i20191026_5554.jpg


小さな菊たち。




i20191026_5557.jpg


i20191026_5558.jpg


強い雨にはかないません。




i20191026_5559.jpg


i20191026_5562.jpg

 

畑には十分水が供給されました。

もうしばらくは降らなくて良いです。



nice!(18)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

庭園は閉鎖:DIC川村記念美術館 [花、植物]

i20191023_5306.jpg


しばらく訪れなかった DIC川村記念美術館ですが、美術館は開いていましたが庭園が立ち入れない状態でした。

 

 

l20191023_5294.jpg

 

i20191023_5293.jpg

 

 

美術館や池やレストランなどの一角には入ることができます。

 



i20191023_5268.jpg

山林の中にはタイワンホトトギスがたくさんありました。

 

半日陰を好むそうです。




i20191023_5281.jpg


ツワブキも時期です。




i20191023_5285.jpg


i20191023_5287.jpg


i20191023_5288.jpg


i20191023_5289.jpg


i20191023_5305.jpg


池にはサギがいて白鳥と小競り合いを起こしているようでした。

 



i20191023_5300.jpg


80mm に 1.4x の TC をつけて撮っています。




i20191023_5311.jpg


i20191023_5382.jpg


アザミも所々に咲いていました。




i20191023_5385.jpg


i20191023_5389.jpg


レストラン近くのモクレンと思われる木には蕾のようなものが見られました。

 

 

たくさん見られたタイワンホトトギスは明日アップします。





nice!(28)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コスモス祭り:富田さとにわ耕園 [花、植物]

l20191020_5135.jpg


当初は12日から行われる予定だったコスモス祭りですが、台風の影響で延期されたようです。




l20191020_5205.jpg


これは多分台風15号の被害です。

 



l20191020_5137.jpg


このエリアには思ったほど多くのコスモスはないのですが、道の途中や少し離れたところにもたくさん植えられています。




l20191020_5146.jpg


次の主役は菊のようです。




l20191020_5148.jpg


主役を撮りましょう。




l20191020_5151.jpg


l20191020_5156.jpg


l20191020_5157.jpg


l20191020_5160.jpg


いろいろありますね。




l20191020_5161.jpg


l20191020_5166.jpg


l20191020_5169.jpg


l20191020_5170.jpg


蝶も来ます。




l20191020_5172.jpg


蜂も来ます。




l20191020_5173.jpg


l20191020_5178.jpg


l20191020_5182.jpg


l20191020_5188.jpg


l20191020_5189.jpg


l20191020_5190.jpg


桜の時期もいいですね。




l20191020_5193.jpg


l20191020_5195.jpg


l20191020_5196.jpg


ホシホウジャクも来ました。




l20191020_5202.jpg


l20191020_5203.jpg


l20191020_5211.jpg


終わった彼岸花です。




l20191020_5212.jpg


種は普通はできないのですが、できても発芽はしません。

 

 

また来年行きましょう。



nice!(26)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

千葉市都市緑化植物園(4) [花、植物]

n20191019_4925.jpg


朝は雨で一日中ぐずついていました。

 

19日土曜日の撮影で、一部今日撮影したものもあります。

 

 

1枚目は建物の入口の寄せ植えで、里芋の葉に似た植物はカラジウムです。




n20191019_4921.jpg


ケイトウの間はネコノヒゲという植物です。




n20191019_4922.jpg


i20191022_5245.jpg


n20191019_4926.jpg


ガマの穂です。




n20191019_4927.jpg


カラスが柿をつついています。




n20191019_4928.jpg


「ローズ・ドール・ド・モントルー」



n20191019_4930.jpg


n20191019_4934.jpg


n20191019_4937.jpg


ルリマツリ




n20191019_4942.jpg


イランイランノキ




n20191019_4946.jpg


「クリムゾンスカイ」




n20191019_4950.jpg


n20191019_4962.jpg
 

タイアザミ

 

 

n20191019_4963.jpg
 
i20191022_5219.jpg

 

n20191019_4958.jpg


さてホトトギスですが、割と見る機会が多いのは「ホトトギス」と「タイワンホトトギス」、「ヤマホトトギス」、「ヤマジノホトトギス」ですが、花はどれもよく似ています。

特に前者二種と後者二種同士が似ています。

 




n20191019_4965.jpg


この写真は「ホトトギス」です。

花が茎から直接咲くように密集して咲きます。




n20191019_4972.jpg


n20191019_4976.jpg


シロバナもあります。




n20191019_4983.jpg


n20191019_4986.jpg


n20191019_4992.jpg


カリガネソウ




n20191019_4994.jpg


台風の爪痕がまだ残って立入禁止の箇所があります。




n20191019_4996.jpg


イヌショウマ




n20191019_4998.jpg


キツリフネ




n20191019_5000.jpg


ジュズダマ




n20191019_5002.jpg


n20191019_5003.jpg


「ストロベリーアイス」




n20191019_5008.jpg


i20191022_5225.jpg


さて直立しているこちらのホトトギスは「ホトトギス」です。




1920px-Tricyrtis_affinis_3n.jpg


直立して咲くのは「ヤマジノホトトギス」ですが、「ホトトギス」もこのように咲きますが花のつきかたが違います。

こちらが wikipedia に掲載されている「ヤマジノホトトギス」です。

葉がかなり違います。




i20191022_5227.jpg


i20191022_5231.jpg


i20191022_5240.jpg


こちらが一番よく見ると思われる「タイワンホトトギス」です。

枝が伸びて、枝が分かれてその先に花がつきます。




1366-037wallpaper_1.jpg


「ヤマジノホトトギス」と「ヤマホトトギス」はこの植物園にはないので、フリー素材から引用します。

 

フリーの壁紙素材が置かれているサイトです。

https://wide-kabegami.com/

 

二枚を一枚にまとめ、植物名を加えています。

 

どちらも「ホトトギス」「タイワンホトトギス」と比べると花弁が星型に近く、下がるように咲きます。

 

相対的に中心の蕊が高く伸びるように見えます。

 

花のつきかたは「ヤマホトトギス」は「タイワンホトトギス」に近いようです。

 



i20191022_5222.jpg


シロバナに少し色がついて可愛いです。




nice!(26)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | - 花、植物 ブログトップ