So-net無料ブログ作成

クリスマスが近づくと思い出す映画 [映画]

lsz2010_1126_205023AA.jpg

クリスマスを扱った映画は少なくないでしょうが、十代の頃に観た『ある愛の詩』はセントラルパークの雪景色やクリスマスツリーを買う場面が印象的でした。

フランシス・レイによるサウンドトラックは大ヒットし、歌手やオーケストラ(イージーリスニングの)がたくさんカバーしました。

当時写真の楽譜を購入し、サントラの LP も買って繰返し聴いたものでした。

アリ・マッグロー演じるジェニーはハープシコードを演奏するという設定でしたが、原作の小説は実話を基にしたものなので多分モデルとなった人もハープシコードを演奏したのでしょう。

演奏会の場面で使われたのはモーツァルトのヴァイオリンソナタをフルート用に編曲したものと J.S.Bach の鍵盤楽器のための協奏曲第3番 ニ長調の第3楽章でした。


lsz2010_1126_205203AA.jpg

この楽譜はピアノ用なのでフルートのパートはありません。
ヘ長調のヴァイオリンソナタは何曲かありますが映画で使われたのは「ヴァイオリンまたはフルート声部付きチェロ助奏自由」の6曲のうち K.13 (第8番)です。
これは JFC から "6 SONATEN" として2巻に分かれて出ています。
できるものなら発表会で取り上げてみたいものですが、まだ無理そうです。


lsz2010_1126_205226AA.jpg

この映画を観た頃はこれらの曲についてもよく知りませんでしたが、将来フルートを習うなんて想像もしていませんでした。ピアノは自己流で少し弾いていましたが、この曲集が弾けるようには到底なりませんでした。


クラシックが使われた映画はたくさんありますが、この映画の次に強い印象を残したのはダスティン・ホフマンとメリル・ストリープの『クレーマー、クレーマー(Kramer vs. Kramer)』で使われたヴィヴァルディのマンドリン協奏曲ですね。

上記の二曲は YouTube では見つかりませんでしたが、「ジェニーを探せ」が聴けます。


セントラル・パークのシーンです。



ある愛の詩 ― オリジナル・サウンドトラック

ある愛の詩 ― オリジナル・サウンドトラック

  • アーティスト: サントラ
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル インターナショナル
  • 発売日: 2002/05/02
  • メディア: CD



クレイマー,クレイマー

クレイマー,クレイマー

  • アーティスト: サントラ
  • 出版社/メーカー: ソニー・ミュージックレコーズ
  • 発売日: 1993/04/21
  • メディア: CD



nice!(18)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

思わず涙:「のだめカンタービレ」最終楽章(前編) [映画]

n2009_1227_135046AA.jpg

先週山野楽器に行ったら階段で「のだめ〜」のパネル展をやっていました。
映画の場面がスチール写真で展示されていました。
まだしばらく見られると思います。
写真はどのフロアか忘れました(多分 CD 売り場)が、サイン入りの写真が展示されていました。
これは多分後編の一場面ですね。
著作権の関係であまり大きな画像は掲載できませんのでご了解をお願いします。


 今日はどこにも行かないつもりであったのですが、何気なく映画の情報を調べていたら通っている楽器店のそばの映画館で「のだめ〜」が上映されていてインターネットで座席指定でチケットが購入できる事が分かり、さらにかなり空席があったので購入して観て来ました。

 上映している部屋は二つで、座席数が違うほか音響にも少し違いがあるようです。音楽映画なのでなるべく良い条件で体験したいので、大きな部屋の方のチケットを購入しました。

 ラン・ランが演奏しているというのも期待していましたが、試験の場面で弾かれるモーツァルトの「トルコ行進曲」、個性的でとても良かったです。

 マルレオケの「ボレロ」はかなり誇張していて笑えました。それにしてもボロボロでレベル低下が著しいという設定のオケにしては(吹き替えでしょうから当然ではありますが)音が良いのはご愛嬌ですね。
 「1812年」は練習と本番でかなりの差で、これはちょっといかに何でもあのレベルであの本番は無理だろうと思えました。演奏会の場面ではとても良い演奏で、思わず涙が出てしまいました。ここしばらくこんな事はなかったです。
 大砲は会場外に何台も用意して空砲を撃つという設定ですが、これは現実にはなかなか難しいですね。舞台裏にいるバンダならずともパイプオルガンの位置でさえタイムラグがあって大変なのですから、会場の外でというのは実際には無理でしょうね。

 バソンも見られました。今まで意識した事がなかったというより初めて見たと言わなければなりません。オーボエの演技、とても自然でした。それにしてもオーボエはクラリネットとは違ってかなり水平に近く構えるのですね。コンチェルトだからなのかもしれませんが。

 バッハのピアノ(本来はハープシコード)コンチェルトも良かったです。これもラン・ランだったのでしょうか?ピアノは他の場面では YAMAHA が使われていましたが、この場面では C.BECHSTEIN が使われていました。他の楽器も見えた範囲では大太鼓が YAMAHA、シンバルは Zildjian でした。


 観終わったあとで楽器店に寄りお部屋を借りて本年最後の練習をしました。
 帰り際、オーボエとファゴットのカタログをもらって来ました。BUFFET Crampon のカタログにバソンが載っていたのです。なるほどファゴットとはかなり違います。漫画と映画に教えられました。

 最後は山野楽器で CD を購入しました。
 
のだめカンタービレ 最終楽章 前編&後編

のだめカンタービレ 最終楽章 前編&後編

  • アーティスト: のだめオーケストラ,エデルマン(セルゲイ),ロンドン・フィルハーモニック・オーケストラ,ラン・ラン,東京フィルハーモニー交響楽団,池田昭子,太田雅音,金子鈴太郎,小山清,ペク・ジュヤン
  • 出版社/メーカー: ERJ
  • 発売日: 2009/12/09
  • メディア: CD




 さてもう「紅白歌合戦」が始まっています。今年もあと数時間です。
 今年は去年に比べてとてもたくさんの方においでいただけるようになりました。nice! やコメントもたくさんいただきました。
 おいでいただいたたくさんの方に感謝するとともに来年が皆さんにとって良い年になりますようお祈り致します。
 来年もよろしくお願い致します。
nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画