So-net無料ブログ作成

音楽が素晴らしい映画は印象に残る [映画]

i20161010_7261.jpg


公開時間が拡大したとのニュースもありましたし、観覧の申込をしてみました。

当たるでしょうか?

 

 

写真は以前アップしたお父さんのリーリーです。

 

 


j20180107_7864.jpg


さて先日の三連休では久しぶりに小ホールを借りて昔の映画を楽しみました。

大画面なのでブルーレイです。




j20180107_7865.jpg


 

この頃の映画はほぼ二時間ぴったりですね。

二本観たところで残り時間が少なくなりました。





j20180107_7866.jpg


j20180107_7867.jpg


こちらの二本も用意して行ったのですが、次の機会にします。

4本とも音楽が素晴らしい映画です。

 

『太陽がいっぱい』はパトリシア・ハイスミスの原作を映画化したものですが、トムが依頼を受ける場面がカットされ、結末も変えられています。(原作では完全犯罪)

原作も読みました。

ニーノ・ロータの音楽が素晴らしいですが、解説によればロータはルネ・クレマンとの仕事にあまり良い感情を持っていなかったらしいです。

ルネ・クレマンはこの7年前の ’52年に『禁じられた遊び』を撮っていますが、これも言うまでもなく音楽が素晴らしいですね。

『禁じられた遊び』はリバイバルで映画館で観ましたし、原作の角川文庫は複数冊買って10回以上は読みました。

 

 

『ロミオとジュリエット』は TV で観たような気もしますが、映画館では観ていません。

これも音楽はニーノ・ロータで、テーマ曲 “A Time For Us” が実に美しいですね。

 

当時主演の二人(レナード・ホワイティングとオリヴィア・ハッセー)の若さと美しさが評判になりましたが、シェークスピアの原作では若いんですよね。


 



『ある愛の詩』はヒットしましたね。

公開時に観ました。

今観ると展開が早く感じられるのですが、いくつかの場面はよく憶えています。

サントラの LP を買って何度も聴き、楽譜も買いました。

原作はエリック・シーガル。

原作も読みました。

 

Wikipedia によればエリック・シーガルは『イエロー・サブマリン』の他いくつかの脚本を書き、当初この映画の元となった脚本も書いたそうですが、人の勧めにより小説化したものがベストセラーになりました。

実話が元になっているそうです。

 

今はこのような映画は作ることはできないと思いますが、音楽は今でも色褪せていませんね。

 

フランシス・レイにとっては『白い恋人達』とともに代表曲と言えるでしょう。

 

 

ライアン・オニールは後に『ペーパー・ムーン』で娘と共演していましたね。

 

 

lsz2010_1126_205023AA.jpg

 

lz2012_1108_201524AA.jpg


l20180108_7908.jpg


ところで『太陽がいっぱい』のクレジットを見ていたらおや?と思いました。

MUSIQUE DE NINO ROTTA とあります。クレジットでも Rotta となっていました。

 

 

写真は封入されていたブックレットのものですが、公開当時のポスターのようです。

 



l20180108_7909.jpg

 
こちらはディスクのパッケージの裏ですが、やはり ROTTA ですね。
当時はそう表記したのかとも思いましたが、検索しても Rotta という綴りは一つも出てきません。

『ロミオとジュリエット』にはブックレットは入っていなかったので再生してみないと確認できません。

今のところどうだったのかはわかりませんが、もし間違いだったとしたら、もともと快く思っていなかった監督に対してさらに悪い感情を持ったかもしれませんね。

 
『ウェスト・サイド物語』は説明の必要もないと思いますが、バーンスタインの音楽は傑作です。

知る人ぞ知る話ですが、バーンスタインは作曲はしましたが、オーケストレーションを始めとする編曲は他の人が手がけています。

 

“Tonight” が一番有名ですが、最高の傑作は “Maria” ですね。

 

この映画は当初別の形で構想されたものの長い間日の目を見ず、形を変えて現在の形になりました。

 

『サウンド・オブ・ミュージック』と同じロバート・ワイズ監督ですので冒頭の上から降りてくるカメラの視点がよく似ています。

 

 

次回の二本立てが楽しみです。



 

nice!(34)  コメント(6) 

nice! 34

コメント 6

ソニックマイヅル

おはようございます。音楽はやはり大切ですよね。^^;
by ソニックマイヅル (2018-01-11 06:58) 

middrinn

大昔に映画館で観て、音楽が気に入ったので、
「上流社会」のレコードを購入した記憶(^^)
いい音楽が物語の中で効果的に使われてると
ヨリ印象が強く深くなるような気もします(^^)
本題から離れますが、ハイスミスの各小説は
小林信彦が絶賛してるのでいつか読もうと
思いながら未だに一冊も買ってない状況^_^;
by middrinn (2018-01-11 08:53) 

センニン

ソニックマイヅル さん、こんばんは。
No Music, No Life ですね。
映画はサイレントの時代でも弁士がいたり楽団がいたりしました。
現実世界には音楽はないのですが映画やドラマで音楽がないものは考えられませんね。
あ、それでみんなイヤホンやヘッドホンを使うのでしょうか?
by センニン (2018-01-11 20:32) 

センニン

middrinn さん、こんばんは。
『上流社会』は寡聞にして知らないのですが、音楽のない映画やドラマは想像できませんね。
ハイスミスの作品はヒッチコックも映画化しているようです。
by センニン (2018-01-11 20:35) 

middrinn

グレース・ケリー目当てに観に行った「上流社会」ですが、
ビング・クロスビー、フランク・シナトラ、ルイ・アームストロング出演の
ミュージカル映画で、音楽はコール・ポーターでした(^^)
by middrinn (2018-01-12 08:53) 

センニン

middrinn さん、こんばんは。
情報ありがとうございます。
Wikipedia にあたりました。
なるほどです。
ルイ・アームストロング出演の映画は『五つの銅貨』が印象に残っています。
コルネット奏者レッド・ニコルズの実話を元にした映画です。
by センニン (2018-01-12 20:45)