So-net無料ブログ作成

怖いほどの切れ味:スーパーゴールドⅡ:龍泉刃物 [道具]

l20190504_6176.jpg


以前新しいパン切り包丁を取り上げましたが、メーカーは福井の龍泉刃物というところです。

 

福井県といえば第一にメガネフレーム、第二に恐竜が思い浮かぶのですが、刃物の産地として700年の歴史があるそうです。

 

また、伝統工芸品として最初に指定を受けたそうです。

https://kougeihin.jp/craft/0709/

http://www.echizenuchihamono.com/about_us/about_us.html




l20190504_6139.jpg


パン切り包丁の切れ味が素晴らしかったので三徳包丁を求めてみました。




l20190504_6140.jpg


こちらは「武礼禅 龍」というシリーズで、プロ向けのラインアップのようです。




l20190504_6141.jpg


このシリーズの特徴は他のシリーズにない「スーパーゴールドll」という優秀な素材を採用していることで、素っ気ないというほどの外見からも本職用の雰囲気を感じます。




l20190504_6143.jpg


l20190504_6145.jpg


l20190504_6146.jpg


前回生食パンを切って刀工が鍛えた包丁と比較して優秀さがわかったのですが、今回はホームベーカリーで焼きあがったばかりのパンを切ってみました。

 



l20190504_6147.jpg



l20190504_6151.jpg


l20190504_6155.jpg


刀工の包丁の方もよく切れるのですが、刃の厚みの違いからか、切り進めると途中から少し抵抗が増します。

 




l20190504_6158.jpg


例えて言うなら真剣白刃取りで止められるかのような感触で、もちろん止まってしまったりはしないのですが、新しい包丁はそうした感触が殆どなく最後まですっと切れる感じです。




l20190504_6164.jpg


皮の部分もきれいに切れています。




l20190504_6165.jpg


l20190504_6167.jpg


l20190504_6170.jpg


l20190504_6171.jpg


中身の部分もパン切り包丁以上にきれいに切れます。




l20190504_6174.jpg


l20190504_6179.jpg

 

今にして思えばこの三徳包丁は刃渡りが 170mm なのでパンを切るにはもう少し長さが欲しかったですね。

でも牛刀の例えば 210mm クラスとなるとかなり高いのです。

この三徳包丁も安いとは言えないのですが、かなり贅沢です。

 

 

きりがありませんが、今度トマトでも切り比べてみようかと思います。



nice!(33)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 33

コメント 0