So-net無料ブログ作成

It's a SONY [オーディオ]

j20180108_7907.jpg


先日外で音楽を聴くときはワイヤレスを使うことにしたと記事にしたのですが、使っているとどうにも音質に不満が出てきました。

 

 

j20171216_6572.jpg

 

j20180108_7900.jpg

 

 

そこでワイヤレスではないですが以前よく使った SONIY のモニタータイプのイヤホンを使ってみましたが、全く格が違うとしか言いようのないほどの違いで、驚いてしまいました。

 

だいたい音場感がまるで違います。

 

奥行きはもっと欲しいなと思わないでもないですが、立派な再生音です。

 

 

j20180107_7869.jpg

 

j20180107_7870.jpg



Lightning 端子への変換アダプターを買わなければと思ったのですが、なんのことはない iPhone X に付属していました。

 

実はその前に Yカメラで最新のワイヤレスタイプの主なものを試聴したのですが、どれも買いたいと思えるようなものではなかったのです。

 

現在はノイズキャンセリングタイプが主流のようですが、私は外の音が聞こえないものは使おうと思いません。

室内で集中して聴くためには良いと思いますが。

 

主要なメーカーのものを試聴しても iPhone X に保存した最新の録音を満足に聴かせてくれるものはありませんでした。

 

最近出てきた聞いたこともないようなメーカーのものは聴く気も起こりません。

 

わずかに SONY のこの商品がいくつかのポイントでまずまずかなと思えました。

 

j20180108_7936.jpg

 

使用したのはゲーベルの最新録音ですが、この録音についてはまたいつか取り上げることがあると思いますが、実に新鮮で驚きの多い録音です。

特徴の一つは小節の頭を異例なほど強調することですが、 SONY のこの機種以外はそれが全然再現できていないのです。

一体どういうことでしょう?

 

楽器の音色やバランスなど求めるポイントはいくつもありますが、試聴したほとんど全ての機種はその点で合格点に達しませんでした。

 

 

もっとも、インナーイヤータイプはイヤーパッドがフィットするかどうかで随分違ってしまうので厳密な比較とは言えないのですが。

 

そもそもワイヤレスタイプは変換というプロセスが間に入ってしまいますし、ノイズキャンセルの処理を加えればプロセスはさらに複雑になります。

音質にとって良いことは何もありません。

 

 

ただ、SONY の機種には専用のアプリがあって音場やイコライザーを変更することがきるのですが、やっぱり素の音が良くなくてはいけないと思います。

 

 


j20180108_7879.jpg


さてそれやこれやでいろいろ考えているうちに以前から気になっていたヘッドホンを使ってみようと思うようになりました。

 

 

SONY のプロ用スタジオモニター MDR-CD900ST です。

 

ハイレゾ対応ではありませんが、現在でもプロの現場ではこれが使われています。

ハイレゾ対応機は今人気ですが、本当にその良さを活かせているのかなと疑問に思うのです。

 

アプリのコントローラーのように音質が良いように聴かせることは可能なのです。



インナーイヤータイプもイヤホンとしては異例なほど大きなドライバーを使っているだけあって妙に強調したような低音でなくオーケストラも自然に聴けるのですが、こちらはさらに別格です。




j20180108_7880.jpg


プラグは標準プラグで、金メッキなどの処理は施されていません。




j20180108_7881.jpg


変換プラグを用意します。




j20180108_7883.jpg


内部はこうです。

 


イヤーパッドはとても良い感触です。

 



j20180108_7884.jpg


j20180108_7891.jpg


プロ用なのでパッケージは簡素で保証はありません。

しかしやっぱりこれです。

 

お値段は想像するほど高くはありません。

 

プラグをミニプラグに変換したものを売っている業者がありますが、こちらを買って変換プラグを使った方が無難です。


 



 

nice!(30)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

nice! 30

コメント 2

ソニックマイヅル

おはようございます。ソニー製品のご愛用、誠にありがとうございます。こちらのヘッドフォンは音楽専門学校に通っていた時に使っていました。^^;
by ソニックマイヅル (2018-01-10 10:44) 

センニン

ソニックマイヅル さん、こんばんは。
音楽専門学校とは知りませんでした。
セミプロでいらっしゃるのですね。

SONY 製品、好きです。
古くはスカイセンサー、カセットデンスケに始まり、PCM プロセッサーも使いました。
CD の規格を作るにあたってはフィリップスの主張を抑えて 16bit を採用させました。
PCM プロセッサーでは 14bit が標準で、16bit は拡張扱いでしたね。
でもウォークマンのスタイルは自分には合いませんでした。
by センニン (2018-01-10 20:31)