So-net無料ブログ作成

Bios d'or の Pain de Lodève [美味しそう]

l20190714_9780.jpg


降っているかいないかくらいの雨だったので撮り始めたのですが、途中で傘が必要なくらいになったので中断しました。

 

今日は朝食の時間にふさわしいパンをご紹介します。




i20190715_9777.jpg


キモクレンが今頃咲いていました。




l20190714_9781.jpg


こちら、昨日いただいたパンなのですが、千葉市あすみが丘にある有名なお店でオーナーは帝国ホテルでパンを焼いていらした方とのことです。




l20190714_9782.jpg


スライサーについてはまた別の機会に。




l20190714_9796.jpg


お店は Bios d'or(ボワドオル)。フランス語で黄金の木という意味らしいです。

 

※追記:確かな筋の話によれば「金の林」という意味だそうです。

 

オーナーの金林さんのお名前です。

 

参考:

https://ameblo.jp/jirosho/entry-11456686786.html

https://www.panportal.jp/special/takeya_shokunin/vol13_1/




l20190714_9798.jpg


オーナーは金林達郎さんという方で、帝国ホテル、ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション(L’ATELIER de Joel Robuchon、六本木のフレンチレストラン)の責任者という経歴をお持ちで、2002年の 第2回クープ・デュ・モンド(パンのワールドカップ)で日本チームを優勝に導いた(審査員でもあった)そうです。




l20190714_9801.jpg


このパンは Pain de Lodève(パン・ド・ロデヴ)と言い、レーズンとクルミを使ったしっとりとした生地で皮がしっかりしている香り高いパンです。

 

Lodève はフランスの一地方のコミュニティの名前だそうで、一番人気で売り切れもあるとか。

 

金林さんは「パン・ド・ロデヴ普及委員会」の技術顧問も務められているそうです。




l20190714_9805.jpg


今までに知っているどのパンとも違う、これが良いパンの香りかと思わせる素晴らしい香りが鼻をくすぐります。

 

軽く半分は一度にいけますが、お腹にもたれることもなく全部食べられそうなくらいです。

 

噛み応えもしっかりしていて柔らかいレーズンとしっかりしたクルミのハーモニーが三重奏を奏でます。




l20190714_9778.jpg


地図はこちらで。

https://www.panportal.jp/boisdor/




l20190714_9730.jpg


「ロデヴ」を日本にもたらしたのはドンクだそうです。

http://www.donq.co.jp/pc/breadstory/breadstory02.html

http://panlabo.jugem.jp/?eid=1449

 

 

最近お気に入りの生食パンは神戸屋さん。

 

そういえば神戸屋さんでも何か宣伝していましたっけ。

 



nice!(18)  コメント(4) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 18

コメント 4

ピストン

これはおいしそうですね♪
確かにペロリといけそうです(笑)
by ピストン (2019-07-15 09:20) 

旅爺さん

うっ!”パン大好き爺さんは一目見ただけでゴックンです。
なんとも見た目も良くて美味しいんでしょうね~(^_^;)
by 旅爺さん (2019-07-15 10:17) 

センニン

ピストン さん、こんばんは。
味わいはリッチで、香りも豊かです。
機会がありましたら是非。
by センニン (2019-07-15 20:43) 

センニン

旅爺さん さん、こんばんは。
これは良いです。
これからもっと人気が出ると思います。
by センニン (2019-07-15 20:45)