So-net無料ブログ作成

鹿@飛火野、春日大社 [動物]

l20160219_36.jpg

二日目は夜明け直後から撮影を始めました。


昨日のうちにホテルの方に夜明けの時間を確認しておきました。


一日目からお天気が良かったのは運が良かったです。


春日大社や奈良公園、東大寺に最も 近い奈良ホテルに泊まれたのはとても好都合でした。



l20160219_1.jpg

夜明けの “荒池” です。


実際の色はもっと精妙でした。



l20160219_2.jpg

鹿はもう活動しています。



l20160219_3.jpg

春日大社に隣接するここは「飛火野」です。


さだ まさし の歌では「とぶひの」と読まれていますが、現在の正式な名称は「とびひの」です。

古来は「とぶひの」とも呼ばれたそうです。



l20160219_4.jpg

地元の写真愛好家らしき人たちが撮影会をしているようでした。


山の色が美しいので風景写真かと思いましたら、遠くに見える鹿を撮っているようでした。


近づいてくるとみんな鹿に夢中です。



l20160219_5.jpg

母と子でしょうか。



l20160219_6.jpg

こちらは新しい角が生えかけているオスです。


まだ角が落ちたままのオスが多かったです。



l20160219_7.jpg

絵になる光景です。


ショットはいまいちですが。



l20160219_8.jpg

l20160219_9.jpg

春日大社本殿までは少し歩きます。



l20160219_10.jpg

l20160219_11.jpg


森の中には静かに鹿が佇んでいます。



l20160219_12.jpg

鹿は神様の使いだそうです。



l20160219_13.jpg

l20160219_14.jpg

驚かさなければ逃げません。



l20160219_15.jpg

l20160219_16.jpg

l20160219_17.jpg

l20160219_18.jpg

手水も鹿が吐きます。



l20160219_19.jpg

森をバックに撮りたいですが、結構人工物もあります。



l20160219_20.jpg

l20160219_21.jpg

まだ観光客は殆どいません。

 


l20160219_22.jpg

南門です。

 


l20160219_23.jpg

l20160219_24.jpg

l20160219_25.jpg

拝殿が奥にあります。

本殿は更に奥です。



l20160219_26.jpg

奈良市観光協会の HP によりますと


 768年、藤原氏によってここへ鹿島から武甕槌命(たけみかづちのみこと)、香取から経津主命(ふつぬしのみこと)が迎えられ、つづいて枚岡からその祖神天児屋根命(あめのこやねのみこと)と比売神(ひめがみ)が迎えられ

たのだそうです。

 

鹿島神宮から鹿に乗って武甕槌命がやってきたとされています。


Wikipedia によれば「鹿島」は昔は「香島」と表記したそうですが、『続日本紀』(723年)に「鹿島」とあるのがこの表記の最も古い記述だそうです。



l20160219_27.jpg

l20160219_28.jpg

l20160219_29.jpg

l20160219_30.jpg

l20160219_31.jpg

l20160219_32.jpg

l20160219_33.jpg

l20160219_34.jpg

l20160219_35.jpg

l20160219_37.jpg

再び飛火野です。



l20160219_38.jpg

l20160219_39.jpg

l20160219_42.jpg

l20160219_43.jpg

l20160219_44.jpg

角が落ちたオスです。



l20160219_45.jpg

何を聞いているのでしょうか。



l20160219_46.jpg

神様の姿が見えるのでしょうか。



l20160219_47.jpg

l20160219_48.jpg

平和な光景です。


世界遺産の中の奇跡のような光景です。



l20160219_49.jpg

こんなところでのびのびと暮らせる鹿は幸せでしょうね。



l20160219_50.jpg

この後東大寺に向かいます。


続きは明日の夜アップします。


 


明日の朝はまた早く出るので更新はお休みします。






nice!(33)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 33

コメント 2

えんや

まさに絵になる社と鹿ですね、上手に管理されているんでしょう。
石巻地方の半島部では、特に震災以後、野生の鹿が増え人家の
近くまで来て畑作物に被害が出てるそうで困ってるそうです。
by えんや (2016-02-21 15:54) 

センニン

えんや さん、こんばんは。
夕景と朝もやの風景を撮りたくて行ったのですが、風景はすぐ変わってしまいますね。
土門拳は平等院鳳凰堂の撮影の時「風景が逃げて行く」と言ったそうです。引き上げかけた時、鳳凰堂を振り返ると見事な夕焼け。助手を急がせてあの見事な一枚を撮ったそうです。

鹿の食害は他でもあるようですね。
房総半島では中国原産の小型の鹿、「キョン」が飼育されていた施設から逃げ出して繁殖し、害獣となっているようです。
by センニン (2016-02-21 19:58) 

トラックバック 0