So-net無料ブログ作成

お菓子の匠のわらび餅 [美味しそう]

i20190222_1328.jpg


以前から行ってみろと勧められていたお店なのですが、なかなか足が向かなかったところ先日そこの商品をいただきまして、食べてみたところとても美味しくてびっくりしたので行ってみることにしました。




i20190223_1259.jpg




i20190223_1256.jpg


i20190223_1257.jpg


HP によれば

 先代菊園店主は、加賀百万石の城下より身をおこし、大正・昭和の御代を通じ宮中に於いて和菓子を以って御奉仕してまいりました。

 宮中御儀式及び両陛下宮様方御日常の御菓子をはじめ宮中の秘菓名菓を誠心込めて謹製し、昭和三十年、長い宮中奉仕の大任を終えました。

 その際、菊の園生の愈々栄えまさんことを願い、故 入江相政侍従長より『菊園』との屋号を戴き、現在に至ります。

とのことで、天皇陛下をはじめとする宮中の方々や外国からの賓客も口にしたかもしれないお菓子が並べられています。




i20190223_1258.jpg


i20190222_1260.jpg


こちらが御進物用の箱入り「わらび餅」です。




i20190222_1261.jpg


平成22年に千葉市推奨土産品にされたとのことです。

 

 

i20190222_1335.jpg



i20190222_1262.jpg


八切づつ二つの箱に入っています。

 

 

i20190222_1299.jpg



こちらは “ご自宅用” の10切入りですが、御進物用も同じように紙箱の中に直接入れられてきな粉に埋もれています。

 



i20190222_1293.jpg


いつもの磁器でなく陶器のお皿に盛ってみました。




i20190222_1295.jpg


i20190222_1296.jpg


i20190222_1298.jpg


i20190222_1305.jpg


わらび餅というと白いものと普通は思うでしょうが、実はわらび餅の原料のわらび粉には二種類あって、さつまいもなどの澱粉が主体の普通のわらび粉とわらびの根から採ったものだけを使った “本わらび粉” だそうで、本わらび粉は灰色をしていてそれで作るとこのような色になるのだそうです。

 

片栗粉も代用になるそうです。




i20190222_1311.jpg


材料はわらび粉と砂糖と水。

それにきな粉などあるいは黒蜜。




i20190222_1321.jpg


冷やすのは冷蔵庫ではなくて氷を敷いたバットなどでゆっくりと。

 

保存も冷蔵庫ですと濁りが出てくるそうです。




i20190222_1323.jpg


こちらの商品も要冷蔵で、賞味期限は二日となっています。

保存料不使用です。

これからの季節は持ち歩くのも心配になりますが、今くらいの気温ですと直射日光を避けて車でも暖房を強くしなければ大丈夫だとのことでした。


できれば保冷バッグなどを用意するといいですね。




i20190222_1327.jpg


これは絶品です。

宅配便で送ることも難しいので近隣の人でないとなかなか食べられませんが、これは死ぬまでに一度は食べないと後悔すると思います。




i20190222_1332.jpg


i20190222_1333.jpg


入江相政日記〈第1巻〉

入江相政日記〈第1巻〉

  • 作者: 入江 相政
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞社
  • 発売日: 1990/04
  • メディア: 単行本
陛下側近として五十年

陛下側近として五十年

  • 作者: 入江 相政
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1986/04
  • メディア: ハードカバー
侍従長のひとりごと (講談社文庫)

侍従長のひとりごと (講談社文庫)

  • 作者: 入江 相政
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1985/12
  • メディア: 文庫

 

元号が変わる今年、この名品を味わいながら杉田時代に想いをはせるのも良いかもしれません。

 




nice!(23)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

ソフト食パンはナチュラルな美味しさ [美味しそう]

t20190202_0394.jpg


このところパン・ド・ミでなくソフト食パンを焼いています。




t20190202_0390.jpg


t20190202_0388.jpg


タコみたいです。

 



t20190202_0400.jpg


小麦の香りが立ちます。




t20190202_0402.jpg


具材は同じです。




t20190202_0403.jpg


t20190202_0404.jpg


t20190202_0406.jpg


t20190202_0409.jpg



毎度写真を撮っていますが、その都度どうしたらもっと美味しそうに見えるかを考えています。




t20190202_0416.jpg


t20190202_0418.jpg


t20190202_0420.jpg


t20190202_0427.jpg


先日は波刃ながら刃渡りが短いケーキ用のナイフを使ってみましたが、やはり長さがギリギリでちょっと使いにくかったです。


 


もの自体は良いのですが、やはり適材適所(?)ですね。

 


nice!(31)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

”やよいひめ” と ”おいCベリー” [美味しそう]

i20190129_0244.jpg


母の実家からイチゴをいただきました。

 



i20190129_0241.jpg
 

どちらも比較的新しい品種で、この「やよいひめ」は超大粒です。

 

i20190129_0242.jpg


「おいCベリー」は赤味が強く鮮やかで、形が整っていてやや大粒です。

 

 


i20190129_0245.jpg


「やよいひめ」は甘みがやや強めで酸味もバランス良く含まれていますが、ほかのイチゴでは感じたことがないコクのようなものがあって新鮮です。




i20190129_0248.jpg


i20190129_0251.jpg


「おいCベリー」はやはり甘みが強く、これもバランスは良好です。




i20190129_0252.jpg


i20190129_0255.jpg


直売所で買ったようで、蔕もまだ新鮮です。




i20190129_0256.jpg


果肉はどちらも柔らかいです。




i20190129_0260.jpg


i20190129_0271.jpg


i20190129_0273.jpg


蔕はきれいに取れ、硬い芯もないのでこのまま丸ごと食べられます。




i20190129_0278.jpg


「やよいひめ」はど迫力です。




i20190129_0282.jpg


i20190129_0286.jpg


i20190129_0288.jpg


ヨーグルトのカップに一つしか入りません。




i20190129_0290.jpg


この味わいは新鮮で、くせになりそうです。

市内で売っていたようなので今度買いに行ってみたいです。





i20190129_0313.jpg


今回器とライティングが十分準備できませんでしたので間に合わせの撮影です。

お皿は去年の暮れ頃に購入した作家さんのものです。




i20190129_0316.jpg


鮮やかな青が新鮮です。




i20190129_0325.jpg


i20190129_0328.jpg


i20190129_0329.jpg


千鳥と波と波しぶきのようなイメージです。

 

 

いつかほかの作品もご紹介できるかもしれません。


 


nice!(25)  コメント(4) 
共通テーマ:グルメ・料理

見た目は変わらない [美味しそう]

r20190126_0039.jpg


パン・ド・ミとソフト食パンです。

まずは最近の定番パン・ド・ミ。




r20190126_0046.jpg


焼き色はどちらも淡くしています。




r20190126_0047.jpg


r20190126_0051.jpg


具材は大粒の特撰レーズンとドライベリーミックス。




r20190126_0053.jpg


カットは刀工の鍛えた包丁を使っています。




r20190126_0063.jpg


柔らかい具材もきれいに切れます。




r20190126_0064.jpg


r20190126_0066.jpg


切り口が少し波打ちます。




r20190126_0067.jpg


実にシャープです。




r20190126_0073.jpg


写真に写っている包丁はこの時は使っていません。




r20190126_0079.jpg


r20190126_0089.jpg


r20190126_0094.jpg


t20190127_0134.jpg


そしてメニュー通りのソフト食パン。




t20190127_0137.jpg


条件は同じです。




t20190127_0140.jpg


t20190127_0146.jpg


包丁は両方を使って、真ん中から一枚を切り出しています。




t20190127_0151.jpg


バターを追加しないので小麦の香りが際立ちます。




t20190127_0155.jpg


新しい特殊な包丁は手前のまっすぐな刃を使いますが、区別がつかないほどよく切れています。




t20190127_0162.jpg 


焼きたてを食べるとき、幸せを感じます。


 


nice!(25)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

新品種:Qなっつ(落花生) [美味しそう]

i20190120_9910.jpg 


千葉県の一番の特産品は落花生です。

県外への宅配荷物などで最も多いのだそうです。

 

 

スイカを送るのは難しいので落花生になるという事情もあるかもしれません。




i20190120_9880.jpg


落花生の主力品種にはいくつかの種類がありますが美味しさでは「千葉半立(ちばはんだち)」が最高です。

栽培効率は良くなく、収量が多いとは言えない(半分しか獲れない)と言われるところから名付けられたようです。




i20190120_9882.jpg


千葉県に落花生が導入されたのは山武市(旧成東町)の南郷(なんごう)地区で、栽培が広まったのが旭市です。

現在は八街市や千葉市で広く栽培されていますが、トップブランドは八街産です。

 

 

i20190120_9881.jpg

 

千葉県の肝いりで開発されたのがこの新しい品種「Qなっつ」で、“P” の次は “Q” だというところから名付けられたそうです。




i20190120_9883.jpg


i20190120_9884.jpg


i20190120_9885.jpg


i20190120_9886.jpg


特徴は殻が白っぽいこと。




i20190120_9887.jpg


i20190120_9888.jpg


普通は実が二つ入っていますが、一つのものもたまにできます。

三つのものは初めて見ました。




i20190120_9889.jpg


王者「千葉半立」と比較すると殻はやや柔らかい印象です。




i20190120_9893.jpg


大きさは同じくらいのようです。




i20190120_9895.jpg


i20190120_9897.jpg


ちょっと剥がれやすいかもしれません。

 

 

i20190120_9906.jpg



i20190120_9904.jpg


食べた感じは、歯ごたえはしっかりしていてますが、「千葉半立」より少し柔らかいかもしれません。

甘みが強いのが印象に残ります。




i20190120_9908.jpg


相原さんのところへ行く途中で市原 SA に立ち寄りましたら売っていました。

 

以前八街産の落花生を大阪の知人に送りましたところ、驚かれました。

こんなに美味しい落花生があるのか、と。

その方は自分でデパートに買いに行ったそうです。

 

本場のものを食べた事がない方は、是非一度お試しになってみてください。

きっと認識が変わると思います。

お値段はちょっと高めですが、強力にお奨めします。


 

 


nice!(27)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

いちごの季節到来 [美味しそう]

i20190112_9505.jpg


去年の記事を見ていたらこの時期に山武市にイチゴ狩りに出かけています。




i20190112_9497.jpg


今日は手土産に去年購入したことのある千葉市若葉区の農園に立ち寄って買いました。




i20190112_9506.jpg


品種は「紅ほっぺ」。




i20190112_9509.jpg


果肉が柔らかで芯のような部分が少なく、甘味と酸味が高いバランスで “結実” している美味しい品種です。




i20190112_9510.jpg


下手の方まで色づきが良く、中の芯のような部分がそれほど硬くなく、気にならずに食べることができます。




i20190112_9512.jpg


先日 NHK で美味しい食べ方を紹介していましたが、いちごは先端が甘いので蔕を取って蔕の方から食べるのが良いとのことでした。

確かに白い部分が多い品種では先の方から食べてその部分を残して捨ててしまいたくなります。

蔕の方から食べれば手も汚れず美味しく食べることができるので good です。




i20190112_9513.jpg 


「さわの森農園」さんは千葉市若葉区の農園で、いちご狩りは二月半ばからとのことでした。

 



nice!(20)  コメント(4) 
共通テーマ:グルメ・料理

一月の和菓子:梅 [美味しそう]


i20181231_9101.jpg


仕事始めでしたが、朝はこの冬一番の冷え込みで車の温度計で見る外気温がとうとう氷点下になりました。

道路はまだ凍結してはいないようでしたが、ヒーターが効くまではハンドルを握る手も冷たくしもやけが疼きます。



さて和菓子のシリーズもひとまずここまでにしますが、今回は梅です。




i20181231_9103.jpg


梅は先日観察しました通りこちらではまだ咲きませんが、今日会社で浜離宮に行った人の話を聞きますとそちらではもう咲いていたとのことです。




i20181231_9104.jpg


和菓子は見た目が本当にきれいですが、材料はそれほど変わったものを使うわけではないので食べえるとそんなに違った味わいがあるわけではありません。




i20181231_9105.jpg


なごみの米屋 さんでは月替わりでいくつかの和菓子を出しているのですが、先日の丹頂鶴もそうです。

本来は3日前までの予約商品なのですが、暮れからはたくさん並んでいました。




i20181231_9108.jpg


この梅はこのままでもとても可愛らしいのですが、切ってみるとまたさらに可愛らしいです。




l20190103_9263.jpg


白い層を通して下の色が見えているわけで、これがなんとも奥ゆかしい感じです。




l20190103_9267.jpg


l20190103_9272.jpg


l20190103_9276.jpg


職人さんの感性を楽しみたいですね。

 

 

l20190103_9278.jpg

 

 

こちらは通常の商品ですが、栗羊羹です。

 

 

l20190103_9279.jpg

 

 

栗が丸ごと1個入っているわけではなく、練りこまれています。

 

 

l20190103_9286.jpg

 

 

ほんのりと見える様がなんとも和のテイストですね。

 

 

l20190103_9293.jpg

 

 

色もなかなかきれいです。

 

 

l20190103_9296.jpg

 

l20190103_9303.jpg



柿右衛門のソーサーも急遽代用したものですが、和菓子にはよく合いますね。
 
 


 

nice!(23)  コメント(8) 
共通テーマ:グルメ・料理

ちょっと工夫したホームメイド [美味しそう]

l20181229_8912.jpg
 

今年最後の更新です。

今年を振り返る最後は手作りの食べ物で、一つは本当に美味しいらしい “パン・ド・ミ” です。

 

らしい、というのはコーヒーの時も書いたような気がするのですが自分ではこれが普通になってしまって言わばこれが標準なのですが、食べてくれた人たちには頗る評判が良いのです。

 
 
l20181229_8916.jpg
 

今年最後に焼いたものです。

 
 
l20181229_8921.jpg
 

焼け具合は良好です。

 
 
l20181229_8932.jpg
 

いや今までで一番良いですね。

 
 
l20181229_8935.jpg
 
l20181229_8949.jpg
 

こう撮るとパンの色があまり美味しそうではないのですが、実際レーズンの色が沁みますし、暗めにしないと湯気が見えないのです。

 
 
l20181229_8953.jpg
 

湯気も良く撮れました。

こっちの方が良いですね。

 
 
l20181229_8961.jpg
 

ドライイーストをほぼ半分にしてどうしてこうふんわりと焼きあがるのかはわかりません。

 
 
l20181229_8965.jpg
 

大粒レーズンとミックスベリーの組み合わせがオリジナルです。

 

 
l20181229_8978.jpg
 

柔らかすぎてきれいに切れません。

 
 
j20180505_5052.jpg
 

 

もう一つはしばらくぶりに作ったプルプルのコーヒーゼリーです。

 
 
j20180505_4999.jpg

 

 

ゼラチンでなくアガーを使うのはレシピ通りで、確かにこんなコーヒーゼリーは他にはありません。

 

 

j20180505_4992.jpg

 

ほとんどそのまま飲めるほどプルプルで、コーヒーの香りも立ち、味わいもレギュラーコーヒーそのものです。

 

j20180505_5024.jpg
 

レシピではインスタントコーヒーを使うようになっているのですが、そこはひと工夫でちゃんとドリップしたコーヒーを使います。

隠し味も入れていますので自信作です。

 
 
j20180505_5056.jpg
 

固まる前は 60℃以上は多分ありますのでそのままグラスに移すとグラスは割れます。

そのやり方も工夫の一つです。

 

 

さて今年もたくさんの方にご訪問いただき nice! やコメントをたくさんいただきましたが、お返しに訪問してみるとどうしてこちらの記事に関心を示していただけるのかわからない内容であったり、コメントを入れても無反応だったり、なぜか一度にたくさんこちらに nice! を入れられる方もあります。

 

なるべく返すようにはしていますが、新しい年からは少し対応を変えようと思っています。

誤りと思われる内容についてコメントしても理解されない方、画像を盗用する人等々については既に訪問をやめています。

 

そんな感じで来年以降も続けていこうと思います。

 

本年は有難うございました。

 

ご訪問くださる皆様とご家族の方々にとって佳い年でありますようお祈り申しあげます。

 

来年も引き続きよろしくお願い申しあげます。




 

nice!(12)  コメント(5) 
共通テーマ:日記・雑感

ほぼこれで決まり:パン・ド・ミ [美味しそう]

ii20181222_8461.jpg

 

いろいろ試してきたホームべーカリーによるパン作りですが、当分これでいけそうだという作り方が決まりました。

 


 

PDM.jpg

これはマニュアルのその部分ですが、下部に「ドライイースト量は半分にしてください」とあります。

「食パンミックス」にセットされているドライイーストは 2.7g なので以前は 1.35g をきっちり量っていたのですが、その上を見ると 1.4g とありますので最近は 1.4g でやっています。

この方が良いようなのです。


 


t20181222_8462.jpg


膨らみ方もほぼ理想的と言って良いです。




t20181222_8467.jpg


具材が下の方に集まる傾向がありますが、大粒レーズンが重いのでやむを得ないでしょう。




t20181222_8468.jpg


t20181222_8473.jpg


湯気がきれいに撮れました。




t20181222_8474.jpg


t20181222_8481.jpg


焼き色は「淡い」が良いです。




t20181222_8487.jpg


大粒レーズンの切り口が見えます。




i20180728_0497.jpg


カルピスの「特撰バター」100g を使います。

一回に 5g しか使わないので 450g では多すぎるのです。

 



u20181223_8717.jpg


悩みのタネはバターをきっちり量ることです。

熱伝導率が高くてアイスクリームが食べやすいとされている製品がいろいろありますが、熱伝導率を調べてみると良い方からカーボンナノチューブ、ダイヤモンド、銀と来てその次が銅です。

純銀となるとスプーンとして使うにはかなり贅沢なので銅製品が良さそうです。

 




u20181223_8718.jpg


以前カーボンを練りこんだ樹脂を使った製品を買ってあったのですが、使ってみると期待した程良くは切れません。

そこで銅製品(ゴールドとシルバーのメッキがされている)を試してみたところ、これがなかなか良いです。




u20181223_8721.jpg


安くはないこの “WARM TECH KNIFE” ですが、カーボンを使っているので熱伝導率は悪くなないはずですし、店頭でも氷がよく溶けていたのですが、バターは期待したほどは切れません。




u20181223_8720.jpg


その理由は多分この刃先の形状にありそうです。

 

 


u20181223_8724.jpg


u20181223_8725.jpg


こちらが結果が良かった “COPPER”。




u20181223_8726.jpg


u20181223_8727.jpg


刃先が包丁ほどではありませんが鋭いです。




u20181223_8729.jpg


この作り方で行ってみましょう。

 



i20181226_8792.jpg


休憩した場所の近くで咲いていました。




i20181226_8793.jpg


i20181226_8794.jpg


今年もあと2日仕事すれば終わりです。


 



 

nice!(30)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

大好評のパン [美味しそう]

l20181215_8301.jpg


日中も寒いですね。

夕方町内会の会合がありましたが、ストーブ二台使用です。

 

車の窓にカエデの種らしきものが挟まっていました。

多分駐車場で散ったものでしょう。

もともと葉が両側にあってブーメランのような形で、落ちるときはくるくる回るんですよね。




l20181215_8273.jpg


さて最近レシピがほぼ固まってきた “パン・ド・ミ” ですが、職場の食いしん坊たちにも大変好評です。

カルピスの特撰バターを使い、マニュアルに従って水を増量し、焼き色を淡くしてとても柔らかな “パン・ド・ミ” の完成です。




l20181215_8277.jpg


具材は大粒の「特選レーズン」とドライベリーのミックス。



レーズンの噛み応えと甘み、ベリーの適度な酸味が良いハーモニーを奏でています。




l20181215_8282.jpg


取り出して2分冷ましたあとは本当はさらに粗熱を取るのですが、すぐ食べるのでまず半分に切ります。

 



l20181215_8285.jpg


切るとメガネが曇るほど湯気が立ち上ります。



l20181215_8292.jpg


片方を一口サイズに切って朝食です。




l20181215_8293.jpg


お皿を新調しました。

現代 Noritake の四角いお皿です。

なんとなく T社の色に似た青が使われています。

 

 

外側の色がパンと合っていますね。




l20181215_8297.jpg


残りはチャック付きの袋に保存します。

水分がかなり出るのでべちゃべちゃになってしまうのを防ぐためにキッチンパーパーで包んでから入れます。

夕方になってもしっとりとしています。

 

会社に持っていくのは次の朝ですが、会社に着く直前にチャック付きの袋からコンビニのレジ袋に入れ替えます。

食いしん坊たちはレンジで温めているようです。

「売り物になる」と大変好評です。

 

ホームベーカリーさまさまです。

 

 

カルピス(株)特撰バター100g(有塩)

カルピス(株)特撰バター100g(有塩)

  • 出版社/メーカー: カルピス株式会社
  • メディア: その他

特撰レーズン

特撰レーズン

  • 出版社/メーカー: 株式会社富澤商店
  • メディア: その他

4種のベリーミックス

4種のベリーミックス

  • 出版社/メーカー: 株式会社富澤商店
  • メディア: その他


明日の朝は町内会の用事があるので更新はお休みします。






 

nice!(28)  コメント(6) 
共通テーマ:グルメ・料理