So-net無料ブログ作成

テストを兼ねて加曽利貝塚 [写真]

n20181130_7408.jpg


金曜日の撮影です。

練習場所と加曽利貝塚でレンズをテストしました。




n20181130_7365.jpg


室内で撮ると特性がよくわかります。




n20181130_7369.jpg


以前使っていた 10 - 24mm もフルサイズ換算 15mm からのズームなのでかなりの広角なのですが、どうしても足りないと思うシーンが何度もありました。

止むを得ずつなぎ合わせたりもしたのですが、 8 - 16mm が出ると知った時にすぐ買うことを決めていました。




n20181130_7370.jpg


フルサイズ換算 12 - 24mm なので焦点距離にしてたった 3mm( - 12mm) の違いなのですが、これが大きいのです。




n20181130_7373.jpg


遠近感の強調、形のデフォルメ、広角としては極めて浅い被写界深度など、使いこなしたい魅力に溢れています。




n20181130_7374.jpg


昨日使ってみて強く実感したのですが、コントラストがとても良いですし、ヌケが極めてよく、色彩が鮮やかです。




n20181130_7376.jpg


望遠側は 16mm までですので今使っている 16 -55 mm と使い分けるのも楽しみです。

焦点距離が重複していた方が使いやすいのは確かですが、無理のないズーム比に抑えて画質を確保する方が大事です。




n20181130_7378.jpg


昨日掲載したのと同じように太陽が描写されます。

絞り 22です。




n20181130_7383.jpg


シャドウにもちゃんと階調があります。




n20181130_7407.jpg


16mm 側でもフレアが出ています。

 



n20181130_7416.jpg


濃厚な色。

 



n20181130_7418.jpg


肉眼では見ることができない面白い形にデフォルメ。




n20181130_7419.jpg


n20181130_7425.jpg


浅いピントで遠景をぼかします。




n20181130_7426.jpg


n20181130_7427.jpg


n20181130_7429.jpg


旧大須賀家住宅。




n20181130_7430.jpg


全景を収めることができます。




n20181130_7432.jpg


n20181130_7435.jpg


内部を少し。




n20181130_7436.jpg


室内撮影にはうってつけです。

 



n20181130_7439.jpg


人が見渡す時の画角に近いのではないかと感じます。




n20181130_7444.jpg


博物館です。

入場無料です。

新しく工夫された展示のようです。




n20181130_7445.jpg


イラストなどより実物を見た方がやはりよくわかりますね。




n20181130_7446.jpg

 

思ったより多くの貝が出ています。

 

 

n20181130_7449.jpg


 

これが “かそりーぬ” の首飾りにもなっているイボキサゴです。

 


 

n20181130_7447.jpg


もう一年経ったのですね。




n20181130_7448.jpg


n20181130_7450.jpg


n20181130_7451.jpg


n20181130_7452.jpg


こんなものまで置かれています。




n20181130_7456.jpg


どんぐりのイノシシです。

来年は亥年。




n20181130_7460.jpg


n20181130_7470.jpg


l20181130_7346.jpg


フロントキャップは被せ式で、フィルターは装着できません。




l20181130_7347.jpg


l20181130_7349.jpg


魚眼レンズほどではありませんが、前面は湾曲しています。




l20181130_7362.jpg


フードも固定で取り外しできません。

 

 

花をこれで撮ることはあまりないと思いますが、風景を撮りに出かけたくなるレンズです。

 

写真店から年賀状作成の案内が届きます。

 

早く頼むと割引とあるので午前中に仕上げてお店に行きましたが、出来上がりのイメージが少し違ったので調整して再度行ってみます。


 



 

nice!(27)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

新しいレンズで FUJIFILM Imaging Plaza [写真]

i20181201_7652.jpg


FUJIFILM SQUARE は六本木ですが、今年の春丸の内にもサービス拠点ができました。

こちらは FUJIFILM Imaging Plaza という名前ですが、商品の展示と touch & try、アクセサリー類の購入、使い方の相談、レンタルなどのサービスがあります。

一つ確認したいことがありましたし、一度は行ってみたいと思っていたので出かけてみました。

新しい XF8 - 16mm のテストも兼ねています。




i20181201_7614.jpg


まずは千葉駅から。




i20181201_7624.jpg


コントラストが高く、明暗の描写も良好です。




i20181201_7626.jpg


i20181201_7634.jpg


千葉と違って塩害の影響は見られず、皇居周辺の銀杏は見頃でした。

今日は通り抜けも行われていたようです。




i20181201_7637.jpg


東京駅からそれほど遠くはないのですが、看板がないのでちょっと迷いました。




i20181201_7639.jpg


撮影、掲載は許可されています。




i20181201_7640.jpg


i20181201_7641.jpg


i20181201_7642.jpg


i20181201_7644.jpg


i20181201_7645.jpg


i20181201_7646.jpg


i20181201_7649.jpg


対応は親切でした。

 

 


i20181201_7654.jpg


普段は歩かないところなので新鮮でした。




i20181201_7655.jpg


i20181201_7658.jpg


レストランで披露宴のようでした。

 

 

ここから少し 80mm マクロで。




i20181201_7660.jpg


緑から黄色へ。




i20181201_7662.jpg


バックに青を。




i20181201_7663.jpg


茶色を加えて。




i20181201_7666.jpg


濃い茶色と明るい茶色。




i20181201_7667.jpg


i20181201_7669.jpg


i20181201_7672.jpg


絞り込むと太陽はこう写ります。




i20181201_7674.jpg


ニットのツリー。

中では何かのイヴェントが行われていました。




i20181201_7675.jpg


リーフデ号だそうです。




i20181201_7677.jpg


i20181201_7678.jpg


i20181201_7679.jpg


最近この木をよく見ます。




i20181201_7680.jpg


おやツワブキが。

 



i20181201_7682.jpg


超広角で開放 2.8 はこういう描写です。




i20181201_7683.jpg


手が加えられていない里山の雰囲気で、東京駅前とは思えません。




i20181201_7684.jpg


陰の部分をこの明るさで撮ると空はもっと白っぽくなるのが常ですが、この描写はちょっとした驚きです。




i20181201_7685.jpg


i20181201_7686.jpg


i20181201_7689.jpg


なんだか現実ではないみたいです。




i20181201_7690.jpg


i20181201_7692.jpg


i20181201_7695.jpg


i20181201_7697.jpg


忘れ物か、置かれたのか?




i20181201_7698.jpg


ちょっとアンダーに撮るとこんな感じ。

見た目に近いです。




i20181201_7700.jpg


照り返しの階調がいい感じです。




i20181201_7701.jpg


今朝は少し撮影できたので明日の朝はそれをアップします。

明日も撮影はします。

 

加曽利貝塚の写真はそのあとアップします。


 



 

nice!(25)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

連続撮影か合成か [写真]

d20181121_6912-1.jpg


あるところで食事をしていて何気なくポスターを見ていたらおやと思う点がありました。

目玉焼きが乗っているのと乗っていないの、二種類のメニューですが、目玉焼き以外の部分はよく見ると全く同じです。




d20181121_6912.jpg

 

広角レンズで斜めから撮っているので写りがわずかに違いますが、付け合せのジャガイモや豆の配置は全く同じです。

ハンバーグのソースの照りも全く同じです。

湯気は完全に同じというわけではありませんが、自然に撮ったとしたらありえないほど似ています。

最初に目玉焼きが乗ってないものを撮って次に目玉焼きを乗せて撮ったのかもしれません。

 

ライティングとカメラの位置が同じなら湯気以外は全く同じに写るでしょう。

問題は湯気ですが、一般にこうした料理の写真を撮るとき、例えばコーヒーなどではコーヒーと湯気を同じようにきれいに撮るのは案外難しく、また撮影中に湯気が少なくなってしまうことがあります。

こうした場合画像処理ソフトで湯気を描き加えるということが行われます。

 

この二つの被写体の湯気は細かい部分で違いがあるもののかなりの部分が同じですので、画像を加工したのではないかと思われます。

すると目玉焼きも別に撮ったものを合成した可能性があります。

 

他のお店の他の商品でもう少し合成がわかりやすいものを見たことがありますが、これもどうやらそうではないかと思えてきました。

 

だからいけないというわけではないのですが。

 

 


 

nice!(26)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

譜面を照らすだけじゃない:LED ライト [写真]

l20181017_5247.jpg


先日取り上げました LED ライトは ACアダプターを接続して快適に使っています。

 

 

l20181026_5715.jpg



LED 6個の “Hammer Head” は ACアダプターを繋ぐとぐんと明るくなって 9個の “Orchestra Music Light” でなくとも十分です。



l20181114_6688.jpg


LED ライトは今撮影用の光源としても主流になりつつあります。

大型のストロボを除けば撮影用のライトは定常光の写真用蛍光灯が多く使われるようになってきていましたが、これからは LED が主流になると思われます。

 

撮影には場合によってはスタンドを使う比較的大きなものでは使いにくい場合があります。

今回撮影したような頭部管の内部などはリングライトでも光が届きにくい被写体なので譜面台用の小回りのきくものが便利です。


 
n20181103_6180.jpg
 

LED が良いのは色温度です。

 

白色 LED ならホワイトバランスの調整なしにそのまま使えるのがとても有難いです。

ここに掲載しましたのはホワイトバランスのテストですが、それぞれ

 1. この道具でホワイトバランスを調整したもの

 2. AUTO で撮ったもの

 3. 白い紙で調整したもの(一般的にはグレーの標準反射板を使います。

  FUJIFILM のカメラではグレーや黒でも良いことになっています)

です。

 
n20181103_6181.jpg
 

AUTO がこれでは困るのです。

 
 
n20181103_6182.jpg
 

白い紙でも一応は調整できますが、この道具を使ったのと微妙に違いがあります。

この “White Balance Setter” は入射光式、白い紙は反射光式という違いがあります。

 

広い範囲を撮るのでなければ LED ライトが活用できます。

特に譜面台用のライトは電池で使えるのが有難いです。

 

懐中電灯でも良いのですが、懐中電灯は一般的に光が同心円状に広がりますので撮影には使いづらい面があります。

 



 

nice!(31)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

岩波初の写真集 [写真]

i20181102_5991.jpg


先月末で定年の方がいらっしゃったのでプレゼントを贈ることにしました。

その方は本がお好きで、写真を撮ることはそれほどされないのですが写真や絵を見ることはお好きでした。

 

職場の近くの書店に行きましたところ文庫のコーナーにこんな本がありました。




i20181102_5992.jpg


岩波文庫の写真集というのが珍しいのですが、岩波書店としても 岩波文庫として 初めての写真集であるようです。

Amazon のレビューでも印刷が素晴らしいという評価が寄せられていますが、確かにそうです。

よく知られた Dデイや崩れ落ちる兵士などの有名な写真だけでなく戦争のその場が生々しく捉えられた写真に惹きつけられます。

上陸作戦のあの写真が現像の失敗によるものであることは説明を読んで初めて知りましたが、それが格別の臨場感を生んでいます。

崩れ落ちる兵士については色々言われていて賛否があるようですが、当時戦争というものがどういうものかを実際の現場の写真よりも雄弁に伝えたことは確かです。

 

来日した時の写真もあります。

 

何気ない日常の飾り気のない人々の姿が捉えられています。

 

 

ヘミングウェイ、スタインベック、カポーティ、ゲイリー・クーパー、イングリッド・バーグマン、ジーン・ケリー、ピカソ、マティス、トロツキーなどの写真もあります。




i20181102_5993.jpg

 

帰宅途中、携帯電話にその方から着信がありました。

とても気に入っていただけたようです。

良い写真は何度見ても良いものです。

良い写真ってなんだろうと考えさせてもくれます。

 

贈り物を考えることも喜びですし、それが喜んでもらえることはとても嬉しいことです。

 
 


 

nice!(25)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

カメラをどう持ち歩くか [写真]

amiz2011_0710_102345AA.jpg
 

カメラには普通ネックストラップを取り付けて首から下げるのでしょうが、地面すれすれに撮るときなどは邪魔になります。

また、歩くときはブラブラ揺れますし、ストラップの長さにもよりますが鳩尾を圧迫される場合もあります。

なので最近はリストストラップを愛用しています。

 


a20180203_8939.jpg

amiz2011_0710_102235AA.jpg

一枚目とこれは以前掲載した写真ですが、依頼されて作った兼用ストラップです。

普段はネックストラップとして使い、分解すると簡単なハンドストラップとして使えるようにしています。



fjz2011_0712_210832AA.jpg

fjz2011_0712_211147AA.jpg
 
l20180926_4285.jpg
 

で、手首に掛けるリストストラップをこのところ愛用しているわけですが、車で移動するときなど、シートに置くと転がってしまって具合が悪いことがありました。

そこで新しく本体だけ収納するようなバッグを調達しました。

これを車のヘッドレストに掛けておいて、使うときはカメラだけを取り出し、場合によっては収納したまま肩に掛けて歩きます。

 
 
l20180926_4283.jpg
 

縦位置グリップを取り付けて 80mm マクロを取り付けた状態で誂えたようにぴったりです。

 
 
l20180926_4288.jpg
 
l20180926_4289.jpg
 
l20170212_2782.jpg
 

こちらは以前使っていた FUJIFILM 純正のグリップですが、縦位置で使うときなどはせっかくの縦位置用のシャッターボタンが使えず、また緩みやすくてちょっと難がありました。

現在は三脚座を利用するようなタイプに変更されています。

 

 

l20180926_4281.jpg
 

さて X-T2 は縦位置グリップに ACアダプターを接続して中のバッテリーに充電できるようになっていましたが、本体の電池は取り出してチャージャーで充電する必要がありました。

X-T3 ではその点も改良されて、 USB C のケーブルで充電できるようになりました。

 

リモートレリーズは使う予定はありませんが、心細かったコネクタも接続部の形状が改良されてしっかりと接続できるようになりました。

 

 

ユーザーの声も吸い上げられているようです。




 

nice!(28)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

X-T3 [写真]

l20180924_4191.jpg


X-T3 が20日に発売になりました。

予約してあったのでいつもならその日に引き取ってくるのですが、液晶保護フィルムが X-T2 用ではサイズが微妙に違うとのこと(同じ 3.0 型ですが、表示部の外の面積が少し減少したとか)で、入荷に時間がかかったのです。




l20180924_4158.jpg


昨日の場所で朝撮影した後写真店で引き取り、夕方また同じ場所で撮りました。

全体の大きさはほぼ同じで操作性も同じですが、縦位置バッテリーグリップも微妙にリファインされていて、ダイヤルの位置や回転の感触、クリック感などが良くなっています。

 

取り込んだ画像を見ると画素数の向上に加え新しいセンサーと画像処理エンジンの効果かかっちりとした画像が得られた印象です。

上は X-T3、下は X-T2 での撮影です。

 

レンズは同じですが、天候など微妙に違いますので厳密な比較はできませんが、大きなサイズで見るとかなり違います。

 



i20180924_4094.jpg


l20180924_4160.jpg


今までですとこの明るさですと空がもう少し飛んでしまうところですが、ダイナミックレンジも向上したような印象です。




l20180924_4161.jpg


l20180924_4165.jpg


彼岸花の群生の場所は夕日が当たる部分と陰の部分にかなり差があって厳しい条件ですが、ダイナミックレンジ 100% ではまだ厳しいですね。





l20180924_4167.jpg


感度を上げると 400% まで設定できますが、今度試してみましょう。




l20180924_4170.jpg


彼岸花の妖しい感じを生かすようにアンダー気味で。




l20180924_4174.jpg


l20180924_4181.jpg


ちょっと硬い感じです。

いつもは実際よりハイキーに撮っているのですが、この時間はこれがほぼ見たままです。




l20180924_4182.jpg


少し明るく。





l20180924_4184.jpg


いつものような感じで。




l20180924_4185.jpg


l20180924_4186.jpg


いままで使ってきた 80mm マクロですが、質感の描写が向上したような印象です。




l20180924_4187.jpg


芯のしっかりとした描写とボケの違いが一層際立つように思えます。




l20180924_4188.jpg


一枚目と同じ蜂です。

一枚目の目の描写が良かったです。




l20180924_4193.jpg


l20180924_4197.jpg


l20180924_4202.jpg


l20180924_4204.jpg


l20180924_4207.jpg

 

次のお休みにまたじっくり撮りましょう。

まずは土曜の朝からですね。

 

 


 

nice!(29)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

X-H1 が気になる [写真]

l20180519_5821.jpg


用事があってヨドバシに行きましたが、またもやよせばいいのに最新機種の X-H1 を触ってしまいました。

 

258,660円也。




l20180519_5822.jpg


こちらは気になっている 50 - 140mm。

全域で開放 2.8です。


180,900円也。




l20180519_5826.jpg


あった方がいい縦位置バッテリーグリップ。

42,660円也。




l20180519_5827.jpg


本体のグリップがかなり大きいのでこのバッテリーグリップは下部だけに取り付けるようになっています。

T2 など他の機種用のものは右手のグリップ部も強化する造りになっていて、握りがよりしっかりとします。




l20180519_5828.jpg


GFX をイメージさせるグリップ上部は液晶で常時設定が表示されるようになっています。




l20180519_5830.jpg


OLYMPUS の OM-D はどうもデザインが気に入りません。

 

OM-1 をそのままデジタルにしてくれたら良いのになと思います。

 

この PEN はユニークなミラーで知られている往年の機種 PEN F のデザインを踏襲していて好ましいです。

 




l20180519_5831.jpg


初めて手にしたカメラがハーフサイズの PEN でした。

若い人にはわからないと思いますが、35mm サイズの画面を縦に半分にして二倍の枚数が撮れるようになっていたのです。

受光部も前面にあって特徴的なデザインでした。

 

 

X-H1 の印象は確かに一回り大きくなっていますが、手が大きめの私にはとても握りやすくて好印象です。

重さは思ったほどは増加していないように思えました。

フォーカスが速いですね。

 

T2 もフォーカスは遅くはないはずですが、さすがにこの機種は H(ハイスピードか?)を名乗るだけあって速いという印象です。



展示品にはメモリーカードはないので手持ちのカードを入れて撮影してみますと、印象としては記録も速いです。

 

検討に値するという印象です。

 



l20180519_5837.jpg
 

H1 はレビューなどではバッテリーの消耗が早いと言われています。

それはそうでしょうね。

 

 

l20180519_5838.jpg
 

T2 を購入したときもらったバッテリーとメモリカード用のポーチです。

 

 

l20180519_5839.jpg

 

以前は予備のバッテリーを徐々に増やして二個持ち歩いていましたが、X-T2 にグリップをつけるようになってから更に三個増やしました。

 

 

l20180519_5833.jpg



うち一つは T2 から採用された NP-W126S というタイプです。

 

 


l20180519_5835.jpg


左から二番目がそれです。



使用したものは反対向きに収納すれば区別がつきます。

 



l20180519_5836.jpg


これだけあれば短期間の旅行でも安心ですが、最近撮影枚数が多いので充電も頻繁です。

長期の旅行なら充電器も持って歩かなければならないでしょうね。


 



 

nice!(17)  コメント(10) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ライトありとなし:楽器の撮影 [写真]

v20180407_2256.jpg


新しい照明装置をこれから活用しようとしているわけですが、先日灰皿などを撮った時楽器も撮ってみました。




v20180407_2255.jpg


光の質が良いですね。




v20180407_2272.jpg


このように撮るとフラットに配光した場合よりよくわかる面もあります。




v20180407_2279.jpg


今までの装置は反射する “面” が多く、全体に光が回るようなライティングで影が少ない撮影ができたのですが、こちらはどちらかと言えば “白抜き” を得意とする装置で、結果的に影が少ない撮影ができます。




v20180407_2281.jpg


なのでこのような撮り方は本来の使い方とは違うのですが、どう使うかは撮影者のアイデア次第です。




l20180414_2961.jpg


こちらはそうした装置を使わない自然光での撮影です。




l20180414_2963.jpg


特別な意図がない場合はこれでも良いわけですし、背景を白くすることもできます。




l20180414_2964.jpg


l20180414_2965.jpg


l20180414_2966.jpg


l20180414_2970.jpg

 
これは普通の人はあまり見ることがないアングルです。

足部管のトーンホールです。

 

だからどうしたというのが普通の人の反応でしょうね。

この楽器のトーンホールは “ソルダード” で、ハンダ付けとも言われる方法で取り付けられています。

そう言われれば接合部分の線が見えてきませんか?

ピントはマニュアルですが、等倍マクロですとここまで撮ることができます。

 

 

昨日のペーパーウェイトもこれで撮ってみたかったですが、持って行くのを忘れました。

 

これからいろいろ試してみたいと思います。

 

 


 

nice!(28)  コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

新しいライティング装置 [写真]

j20180407_2234.jpg


今まで使わなかったタイプの装置を使ってみることにしました。

 

下から照らすタイプのものは使ったことがないわけではありませんが、今回はサイズも大きく照明の質も良く、一枚目ではガラスの質感が素晴らしく出て驚いてしまいました。

 

ガラスは Baccarat の「ハバナ」という灰皿です。

 

万年筆が載っているのが葉巻(cigar)用、右の方に二本ある溝が普通のタバコ(cigarette)用です。

 

 

肝心の万年筆がいまいちよく伝わりませんね。

 



jz2013_0503_212208AA.jpg

 

続くのは以前撮ったコーヒーゼリーです。

 

 

jz2013_0503_210341AA.jpg

 

jz2013_0503_212857AA.jpg

 

これらは本来はこうしたことに使うためのものではないものを流用しています。

 





j20180407_2235.jpg


今回は万年筆がメインでした。




j20180407_2240.jpg


上から照らすライトもあるので細かい部分まで撮れますが、魅力的に撮るには工夫が必要です。





j20180407_2242.jpg


j20180407_2245.jpg


万年筆の表面をきれいに見せたいのですが、ダメです。




j20180407_2247.jpg


下からだけでやってみるとこんな感じになります。




j20180407_2251.jpg


遊んでみます。



MONTBLANC のユニセフコレクション。

子供達が際の詩習う文字を使ってデザインしたのだそうです。

 



j20180407_2252.jpg


j20180407_2253.jpg

 

今回の道具はプロの使用に耐えるものなので使い手にも技量が求められます。

 

精進します。

 
 


 

nice!(33)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー