So-net無料ブログ作成

今日も撮ったが:ホロ打ち:加曽利貝塚の雉子 [加曽利貝塚]

i20180501_4420.jpg


久しぶりに連休に続けてお休みを取ることができました。

明日は仕事ですが。

早朝いい具合に霧が出ましたが、目指すは加曽利貝塚です。




i20180501_4411.jpg


行ってすぐ一羽に遭遇しました。

前回と同じようにすぐ鳴きましたが、まだ暗かったので二回鳴いたものの使えるものは撮れませんでした。

この写真は二羽目ですが、また飛んで逃げられました。




i20180501_4417.jpg


我が家の周辺で発生する霧は地面から生まれますが、ここでは川からも生まれています。




i20180501_4418.jpg


i20180501_4424.jpg


貝塚は右側です。

この坂月川を使って貝を運んだとされています。




i20180501_4425.jpg


貝塚側から川方面を望みます。

遠くから雉子の声が聞こえます。




i20180501_4436.jpg


夜が明けます。




i20180501_4450.jpg


三羽目。




i20180501_4451.jpg


今回はシャタースピードを稼ぐために TC は使いません。

 



i20180501_4454.jpg


全身を写すには 100mm くらいで丁度良いです。



i20180501_4457.jpg

 

シャッタースピード 1/400 ですが、これでも羽は止まりません。

FUJIFILM では望遠系でこれ以上明るいレンズは 90mm/F2 です。

愛用しているマクロが 80mm/F2.8 ですからこれでもなんとかなるかなと考え中です。

将来 300mm/F2.8 という高いに決まっているレンズが出るらしいですが、そこまではとても。

 
 


 

nice!(29)  コメント(4) 
共通テーマ:地域

ホロ打ちは撮れたが:加曽利貝塚の雉子 [加曽利貝塚]

i20180422_3514.jpg


早朝出かけたのは朝霧の作る風景を狙ったのですが、今日は条件が整わず良いものは撮れませんでした。




i20180422_3505.jpg


通勤の途中で何箇所かポイントがあるのですが、またトライすることにしましょう。

 


このショットは色は調整してはいないのですが、ホワイトバランスによっています。

 

朝霧は諦めて、加曽利貝塚に行ってみることにしました。

 

今年は我が家の周辺でもいつになくキジが鳴いているのです。




i20180422_3509.jpg


行ってみるとここでもあちこちで鳴いています。

すぐ右手の方でも聞こえるので行ってみると、いました。



近づいてみるとすぐ鳴きました。




i20180422_3513.jpg


良くないショットですが、ひとまず撮れました。

望遠に TC をつけているので速いシャッターは切れません。




i20180422_3530.jpg


近づき過ぎないようにして、次を待ちます。




i20180422_3534.jpg


i20180422_3561.jpg


夜が明けます。




i20180422_3562.jpg


このあと別の場所で一羽見つけましたが、飛んで逃げられました。




i20180422_3569.jpg


そして前回撮影した方面で声を聞きましたので行ってみますと、いました。

 


撮れましたが、やっぱり良くありません。




i20180422_3580.jpg


あとを追って待ちます。




i20180422_3583.jpg


やはり開けた場所で少し高いところに立ちます。

 



i20180422_3585.jpg


鳴きました。

 


が、ホロ打ちは撮れず。




i20180422_3587.jpg


i20180422_3590.jpg


i20180422_3593.jpg


鳴いた瞬間についシャッターを切ってしまうのが原因ですのでその瞬間をやり過ごしてシャッターを切ります。

 

ま、今回は一応撮ったことで良しとしましょう。

 

次こそはバッチリ撮りたいものです。


 



 

nice!(24)  コメント(4) 
共通テーマ:地域

ホロ打ちを撮りたいものだが:加曽利貝塚の雉子 [加曽利貝塚]

i20180401_1988.jpg


雉子が鳴くのは早朝が多いです。

以前一度早朝に狙ったことがありますが、その時は出会えませんでしたので今日再度訪れてみました。




i20180401_1960.jpg


鳴き声はやはりあちこちで聞こえます。

川沿いの向こう側の茂みの方何箇所かで聞こえます。

その辺りを歩いてみましたが、姿は見えません。

 

元の場所に戻ってみると旧大須賀家住宅の脇に一羽いました。




i20180401_1963.jpg


鳴きそうな様子ではありませんが、しばらく観察してみました。




i20180401_1966.jpg


このあと坂道を上って行ってしまいました。




i20180401_1969.jpg


以前目撃したことがある場所を巡ってみますと住宅地の近くで一羽見ることができましたが、茂みの陰に行ってしまい、近づいてみると飛んで行ってしまいました。




i20180401_1970.jpg


川の向こうの山に桜が見えます。




i20180401_1978.jpg


今まで足を踏み入れたことがない林の方から声が聞こえました。

中に入ってみます。



すると、いました。

雉が鳴くのは雌を呼んだり縄張りを宣言する時だと言われています。

鳴くのは周囲が開けた見晴らしの良い場所であることが多いようです。



鳴くのとそのあとのホロ打ちと呼ばれる羽ばたきは一度目撃したことがありますが、シャッターが切れたのは鳴き終わるタイミングでした。




i20180401_1995.jpg


そろそろ来そうだという感じはあったのですが、こんなショットしか撮れませんでした。




i20180401_1998.jpg


ひたすら次を待ちます。

 

 

この場所だと朝日が当たっている倒木がオーバーで目障りですが、バックが茂みであるより顔ははっきり見えます。

 

 

こちらの姿は見えているはずですが、逃げません。



こちらも姿勢を保持してなるべく動かないようにします。




i20180401_2000.jpg


i20180401_2005.jpg


辺りを見回して胸を膨らませるようにすると鳴く可能性が高いです。



これはシャッターのタイミングが早すぎで、鳴いた瞬間です。

このあとホロ打ちをします。




i20180401_2006.jpg


この見晴らしの良い場所がこの雉子の場所であるようです。




i20180401_2007.jpg


余裕なのか、毛づくろいです。




i20180401_2009.jpg


またもや遅かったです。




i20180401_2010.jpg


縦位置で大きく撮ってみます。




i20180401_2021.jpg


100-400mm に 1.4x の TC です。


基本は目にピントですが、背中の模様もある程度しっかり見えなければなりませんし、バックはぼかしたいというシチュエーションです。




i20180401_2025.jpg


三度目も同じでした。

撮れなかったのも二回くらいありますので、結構同じ場所で鳴くようです。

 

雌は来ませんでした。

多分縄張りの宣言でしょう。

雌を呼ぶのは茂みの中で鳴く時なのかもしれません。

 

近くで声が聞こえた時気をつけているとそのあとバサバサという音が聞こえます。




i20180401_2027.jpg


i20180401_2028.jpg


i20180401_2029.jpg

 

またそのうち挑んでみたいです。

 

去年は二羽の雄のケンカを撮ることができましたが、あんな場面を目撃できることはちょっとないでしょうね。

 
 


 

nice!(29)  コメント(4) 
共通テーマ:地域

雉子の家族を見る:加曽利貝塚 [加曽利貝塚]

j20180331_1913.jpg


練習がいつもより遅い時間でしたが、終わってから加曽利貝塚に行ってみました。

我がの周辺でも雉子の声が大きくなってきましたので見られるのではないかと思ったのです。




j20180331_1896.jpg


行ってみると何箇所か遠くの方で声が聞こえます。

声のする方に行ってみると、低い場所に見間違いのない姿が見えました。




j20180331_1897.jpg


j20180331_1898.jpg


j20180331_1899.jpg


j20180331_1902.jpg


どうやら番いのようで、雌の姿が見えました。

この写真では右の方に雄がいますが、左の端の方に草と同じ色の雌がいます。




j20180331_1908.jpg


その近くまで行ってみると、いました。

 

 

jj20180331_1910.jpg



j20180331_1910.jpg


ピッタリは繋がりませんが、繋いでみます。

雌は二羽でした。

片方は雛かもしれませんが、大きさが同じなのがちょっと不思議です。

二羽とも雛だとすると、もう孵化してしばらく経つのでしょうか?




jj20180331_1896.jpg
jj20180331_1897.jpg
jj20180331_1898.jpg
jj20180331_1899.jpg

雄の姿を拡大してみます。




j20180331_1914.jpg


夕方になりました。




j20180331_1915.jpg


山桜がありました。




j20180331_1918.jpg


j20180331_1923.jpg


緑の中の紫が鮮やかです。




j20180331_1925.jpg


j20180331_1926.jpg


j20180331_1929.jpg


望遠でイメージを作ります。

肉眼ではこうは見えません。




j20180331_1933.jpg


j20180331_1937.jpg


ハナニラが茂っていました。




j20180331_1940.jpg


j20180331_1942.jpg


夕日がきれいな光景を作り出します。




j20180331_1944.jpg


j20180331_1951.jpg


j20180331_1955.jpg


夕方までいたのは初めてです。

イヴェントはないのでそれほど多くの人はいませんでした。




j20180331_1959.jpg


明日は早朝に出る予定なので朝の更新はお休みします。

花が多くなってきたところでちょっと残念です。


 

 




 

nice!(24)  コメント(4) 
共通テーマ:地域

雉子はまだ [加曽利貝塚]

j20180218_9304.jpg


我が家で声が聞こえたので見られるかと思ったのですが、まだ草も伸びていないので鳴き声も聞こえませんでした。




j20180218_9294.jpg


花もほとんどありません。




j20180218_9296.jpg


これは博物館の敷地内です。




j20180218_9298.jpg


訪れる人たちは何組かいて、ボランティアの解説の人たちが案内していました。




j20180218_9301.jpg


まだ影が長いです。




j20180218_9302.jpg


j20180218_9311.jpg


おじさんがいたのでニャンコもいました。




j20180218_9315.jpg


ご飯です。

 



j20180218_9320.jpg


j20180218_9322.jpg


四月ごろ生まれるようです。




j20180218_9331.jpg


椿が見られました。




j20180218_9335.jpg


j20180218_9364.jpg

 

帰り道、梅を見ました。

少しづつ春に近づいています。

 
 


 

nice!(29)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

静かな週末 [加曽利貝塚]

j20180203_8866.jpg


イヴェントがないためか加曽利貝塚は静かでした。




j20180203_8870.jpg


工事が入っていましたので何だろうと思いましたら博物館の外にあるトイレを洋式に変更する工事だそうです。

すると博物館は移転しないのかもしれません。

以前はなかった自動販売機も設置されていますし。




j20180203_8873.jpg


駐車場にテスラモーターズの電気自動車がいました。

 



j20180203_8896.jpg


j20180203_8884.jpg


環境に対する意識が高い方かもしれません。

 



j20180203_8871.jpg


j20180203_8874.jpg


案内板がリニューアルされていました。




j20180203_8875.jpg


英語も併記です。




j20180203_8876.jpg


加曽利貝塚に至る道は3本ありますが、正面以外は車がすれ違うことが難しい道幅です。

 

こちらは向かって左側。




j20180203_8878.jpg


こちらは向かって右側です。




j20180203_8879.jpg


こちらが正面です。

 

 

j20180203_8887.jpg



住宅地が迫っているので道幅を広げることは事実上不可能です。

 

現在貝塚として残っている部分はある方の情熱と努力によって保存運動が起こった結果千葉市が買収することになったのです。

 

 

この開発がなければもっと広かったはずなのです。

 



j20180203_8880.jpg


まだ春の兆しは見えません。




j20180203_8882.jpg


j20180203_8886.jpg


今日もおじさんはいませんでしたが、ニャンコは一匹いました。

別の日にアップします。

 



j20180203_8901.jpg


j20180203_8904.jpg

 

明日の朝は更新はお休みします。

花も少ないですし、まだ寒いですので。

 
 


 

nice!(30)  コメント(6) 
共通テーマ:地域

メジロに遭う:加曽利貝塚 [加曽利貝塚]

n20180121_8560.jpg


先日空いた時間に加曽利貝塚に行きましたが、雉子もおじさんもニャンコもいませんでした。

 



n20180121_8509.jpg


10-24mm で広々とした感じに。




n20180121_8510.jpg


望遠も使います。

配色が良い感じです。




n20180121_8511.jpg


n20180121_8512.jpg


どこかで見たような構図です。




n20180121_8513.jpg


我が家にはない種類の水仙です。




n20180121_8516.jpg


n20180121_8519.jpg


こちらは我が家と同じ。




n20180121_8556.jpg


ふと檀の木を見るとメジロがいました。




n20180121_8558.jpg


n20180121_8559.jpg


檀も食べるのですね。




n20180121_8561.jpg


n20180121_8562.jpg


南天をなんとか工夫して撮ります。

この配色はいい感じです。




n20180121_8563.jpg


これは普通な感じ。

 



n20180121_8564.jpg

 

実を食べるのは誰でしょう?

 

 

次はニャンコのいそうな時間に来ましょう。

 

 


 

nice!(27)  コメント(6) 
共通テーマ:地域

新しい年を迎える加曽利貝塚 [加曽利貝塚]

i20180101_7507.jpg


昨年もお正月に行ってみましたが、今年は格別の思いで訪れました。




i20180101_7486.jpg


昨年は凧揚げをする家族がいくつか見られましたが、今日は帰る頃に一人見ただけでした。




i20180101_7487.jpg


駐車場からこちら方面に踏み出すのがいつものコースです。




i20180101_7488.jpg


発掘現場は一旦埋め戻されたようです。




i20180101_7489.jpg


加曽利E式土器と加曽利B式土器は様式の基準となっているそうです。




i20180101_7490.jpg


i20180101_7491.jpg


ブルーシートを掛けてその上に土を被せたとはいつものおじさんの話です。




i20180101_7492.jpg


i20180101_7495.jpg


i20180101_7496.jpg


加曽利貝塚は貝を干物に加工して保存する場であったとされています。

人の数が多くはない中、これだけの量の貝殻が出るというのはゴミ捨て場だとしたら考えられないとの説です。




i20180101_7497.jpg


雲ひとつないお天気です。

小高くなっているのは貝層の断面が見られる施設です。




i20180101_7500.jpg


お墓もあったようです。

他所から来た嫁や婿は別の場所に葬られたとあります。




i20180101_7503.jpg


地面を落ち葉が覆い尽くしています。




i20180101_7504.jpg


i20180101_7507.jpg


この復原住居が象徴のようなものですね。




i20180101_7508.jpg


i20180101_7509.jpg


住居跡は他にもあります。




i20180101_7510.jpg


i20180101_7511.jpg


i20180101_7513.jpg


旧大須賀家住宅。




i20180101_7514.jpg


全景を 10mm で。




i20180101_7515.jpg


i20180101_7517.jpg


飾りが何もないので不思議に思いました。

 



i20180101_7516.jpg


ここにあった馬頭観音は元の場所(穴川)に戻されたとあります。



加曽利貝塚が特別史跡に指定されるにあたってはいくつか条件があったようですが、もともとここになかったものを移したのも条件ではないとしてもその一環でしょうね。




i20180101_7519.jpg


古い分かれ道の痕跡があります。




ii20180101_7520.jpg


i20180101_7521.jpg


向こうに見える住宅地の下にも貝層があるのだそうです。

不動産業者によって宅地化が進められたことで保存に向けた市民運動が起こり、やがて市が現在の加曽利貝塚一帯を購入することになります。




i20180101_7522.jpg


i20180101_7523.jpg


i20180101_7524.jpg


この部分が現在観察できる施設になっているようです。




i20180101_7525.jpg


i20180101_7526.jpg


i20180101_7528.jpg


お正月らしいお天気です。

凧があれば完璧でした。




i20180101_7529.jpg


向こうに見える博物館、鉄塔も移転するとの話です。




i20180101_7561.jpg


元旦が終わろうとしています。




i20180101_7562.jpg


コンビニに立ち寄りましたらパンダを特集した雑誌がありました。




i20180101_7563.jpg


i20180101_7564.jpg

 

シャンシャンが載ったページは少ないですが、国内でパンダが見られる三つの施設が網羅されていて、特に和歌山のアドベンチャーワールドの内容が充実しています。

 

 

シャンシャンがまだ見られないのでそれでも満足です。

 

 


 

nice!(22)  コメント(10) 
共通テーマ:地域

記念のフリー切符:千葉都市モノレール [加曽利貝塚]

i20171124_5675.jpg


加曽利貝塚の特別史跡指定を記念して千葉都市モノレールではフリー切符を発売しました。

 

 

内容は今まで発売されたフリー切符と同じですが、平日用と休日用の二種類です。




i20171124_5674.jpg

 

どちらも乗り降り自由ですが、平日用は平日の 10:00 - 18:00 が利用可能で休日用は時間指定はありません。

 

 

千葉都市モノレールの最寄駅は「桜木」です。

有効期間は半年間です。

 

 

 

貝塚のことは “SHELL MOUNDS” と言うそうです。

 

明日は早めに出るので朝の更新はお休みします。

 
 
 


 

nice!(31)  コメント(2) 
共通テーマ:地域

静かに冬に向かう [加曽利貝塚]

i20171123_5648.jpg


昼前には雨は上がりましたが、昼過ぎに時折少し雨が落ちてきました。

でも二時を回る頃には秋らしい光に包まれました。




i20171123_5633.jpg


人が多いかなと思いながら加曽利貝塚に行ってみると、雨のせいか人は疎らで静かでした。




i20171123_5635.jpg


発掘は今日はお休みのようです。




i20171123_5636.jpg


i20171123_5639.jpg


今日はカメラは X70 しか持ちませんでした。

そのため画質はイマイチです。




i20171123_5640.jpg


なぜかと言いますとゴミを拾うためです。

いつも撮影しながら草の間に落ちているお菓子の包みなどが気になって仕方ありませんでした。

以前から特に撮影する目的がないときにと思ってゴミ拾いの道具(ゴミ挟み)を用意していました。




i20171123_5641.jpg


でも今日はあまり目につきません。

スタッフの方も気をつけていらっしゃるらしいですが、今までは結構気になりました。




i20171123_5644.jpg


道沿いの草の間などによく落ちているのですが、草が刈られたときに拾われたのでしょうか。


 


i20171123_5645.jpg


それとも落ち葉が隠しているのでしょうか?




i20171123_5649.jpg


特別史跡に指定されて復原住居も誇らしげです。




i20171123_5650.jpg


ダイナミックレンジがスペック以上に違って感じられます。

シャドウやハイライトを調整しなければなりません。

 

 

ここを過ぎるとゴミが目につくようになりました。




i20171123_5652.jpg


露出の決定が難しいところです。

バックはもう少し落としたいところですが、葉の明るさは変えたくないところです。




i20171123_5654.jpg


これはシャドウを少し持ち上げただけ。

 


以前他の方が撮ったデータをいただいて調整する機会がありましたが、少し手を加えただけで画質の低下が著しいように思えました。

X-Pro2、X-T2 ではそういうことはありません。




i20171123_5656.jpg


旧大須賀家住宅。

開放近くで。




i20171123_5659.jpg


これはシャドウを少し持ち上げて。




i20171123_5662.jpg


ここに建っているのは復原されたものだそうです。




i20171123_5664.jpg


そろそろ撮影には厳しい時間です。

 

暗いところでの再現性もカタログの数値ではわからないところです。

 

冷えてきたからか、地面から水蒸気が立ち上ります。





i20171123_5665.jpg


もう一つの復原住居に水蒸気がかかるタイミングを待っていましたが、次第に辺り一面が水蒸気に包まれたようになり、空の明るさも随分落ちてしまい、狙ったものは撮れませんでした。

 


発掘現場にも蒸気が立ち上っていましたが、こちらを撮っているうちにわからなくなってしまいました。

 



i20171123_5671.jpg

温かいスープをいただきます。

もうほとんど良くなりました。

 
 
 


 

nice!(28)  コメント(4) 
共通テーマ:地域