So-net無料ブログ作成

やっぱり先細りか:Isidor Lot:発音にも違いあり [楽器]

i20190619_8529.jpg


先日サイズを比べて Isidor Lot は管体がわずかに円錐らしいと書いたのですが、OWL AIR でもそれが確かめられたように思います。

 



i20190703_9232.jpg


普通のフルートは胴部管と頭部管をつなぐ部分はバレルと言って一回り太くなっています。




i20190703_9233.jpg


その部分に頭部管がぴったり入るわけです。




i20190703_9234.jpg


先日も取り上げましたように木管は接続方法が少し違って、太くなっている部分はありません。




i20190703_9235.jpg


i20190703_9236.jpg


なので金属の頭部管を木管に差し込もうとすると入りません。




i20190703_9237.jpg


この頭部管は接合部の先が少し絞ってあるためか先の方だけ少し入りますが、これ以上は無理です。




i20190703_9238.jpg


i20190703_9239.jpg


金属管は胴部管と足部管の接合部も同じように少し太くなっていますので、足部感に頭部管を差し込むことはできます。




i20190703_9240.jpg


少しの長さしか入りませんが。




i20190703_9242.jpg


バレルの部分はちょうど管の厚み分だけ太くなっています。

 

 

i20190703_9245.jpg



i20190703_9244.jpg


木管の Isidor Lot は接合部を継ぎ足していますので段差のようなものが見えるかもしれませんが、内径は同じです。




i20190703_9246.jpg


頭部管側はこのような構造で内側の筒が胴部管の中に入っていく構造で、固定するのは外側の筒です。




i20190703_9248.jpg


胴部管と足部管は金属管と同じような方式ですが、管の厚みがあるので膨らませてはいません。




i20190703_9253.jpg


足部管にも段差はありません。

 

 


n20190626_9087.jpg


で、これが金属管のバレル部分。

OWL AIR がちょうどフィットします。




n20190626_9088.jpg


足部管の接合部はそれより細いです。

胴部管の先端の接合部は頭部管より薄いのです。




n20190626_9092.jpg


足部管の先端。




n20190626_9094.jpg


Isidor Lot の胴部管の接合部です。

金属管より少し細いですが、きちんと入ります。




n20190626_9095.jpg


胴部管と足部管の接合部の胴部管側です。

頭部管との接合部より細いです。

中には入りません。




n20190626_9099.jpg

 

足部管の先端です。

全然入りません。

 

先細であることは確かですからやはり円錐なのですね。

これは発見ですね。

 

 

今度また販売店に訊いてみましょう。

 

ところで発見はもう一つ。

H足部管付の楽器ですとギズモキーを押さえないと発音しにくいことはみなさんご存知の通りです。

この楽器の足部管は C足部管ですから最高音の C は問題なく発音できるはずです。

 

ところがこの Isidor Lot は最高音が発音しにくいのです。

 

この楽器の特性かと思ったのですが、試しに右手小指で C を押さえてみると楽に発音できるのです。

 

ふうむ、これも円筒ではないが故の現象でしょうか?

 

 

こんなことやっている人、いないでしょうねぇ。

 


nice!(28)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 28

コメント 2

旅爺さん

木管も金属管もそれぞれ違った部署で作られてるのと、
それぞれが精密に作られているので合体は修正しないと無理なのかも?、壊さないようにね。
by 旅爺さん (2019-07-04 10:36) 

センニン

旅爺さん さん、こんばんは。
内径はどの楽器でもほぼ同じなので頭部管を差し替えて使うことは普通のことなのですが、ハンドメイドですと特に微妙な差が生じます。
そういう場合は「すり合わせ」という作業を行なって合わせます。
この木管は特に古い楽器なので違いが大きかったのだと思います。

by センニン (2019-07-04 19:15)