So-net無料ブログ作成

家康の怨念:門松 [季節]

l20190105_9384.jpg


丸の内にサービス拠点ができたのでセンサーのゴミを取ってもらおうと FUJIFILM Iamaging Plaza に行ったのですが、なんと昨年四月から保証期間内でも有料となったとのこと。

ここができたタイミングと同じです。

 

六本木(FUJIFILM SQUARE)でも同じで、以前販売していたチケット(回数券)は六本木では使えるそうですが、清掃だけではなく簡単な点検込みのサービスと詳細な点検を含むサービスの二種類になったそうです。

それほど高額ではないのですが、ちょっと困惑です。

しかし少々不満そうな顔に見えたのか、センサー表面に確認できたゴミを一つ取ってくれました。

やれやれ。

 

カメラは超音波でゴミを落とす動作をするのですが、それでも残ってしまうものがあり、絞り込むとそれが写ります。

センサー内部に入ってしまうと厄介だそうです。




l20190105_9381.jpg


l20190105_9388.jpg


東京駅まで歩いていると門松が目に入ります。

先日 NHK で門松の竹の切り方を取り上げていましたが、おなじみの上面を斜めに削ぎ落とす「そぎ」は家康が始めたものと紹介していました。

それは以前も取り上げたのですが、その理由の詳細までは憶えていませんでした。

 

なんでも

 三方ヶ原の戦い(元亀3年12月22日 [1573年1月25日])で武田信玄に敗れた家康に、正月、信玄から文が届いてそこには

 「松枯れて 竹たぐひなき あしたかな

  (松=松平=家康が滅んで 竹=武田が将来繁栄する)

とか書かれていたそうです。

それを読んで怒り心頭に発した家康は

 「松枯れで 武田首無き あしたかな

(徳川は滅ぶものか。信玄こそ首がなくなっているのだ)

と返したそうです。

 

ひらがなで並べると

 まつかれて たけたぐひなき あしたかな

 まつかれで たけだくびなき あしたかな

で、まことに機知に富んだ返句です。

ちょっと出来過ぎな気もしますが。

 

で、家康の怒りはそれでは収まらず門松の「竹」の上部を斜めに削ぎ落としてしまったとか。

信玄の首に見立てたのですね。

 

 

なので家臣たちは皆そのようにしたというわけです。


 

句の表記は諸説あって、このエピソードも確たる根拠はありません。

 

 

余談ですが「あした」は本来は次の日の朝のことですが、『浜辺の歌』の歌詞の「あした」は「朝」、「ゆふべ」は「夕方」です。

 

「翌日」は「あす」と NHK で取り上げていました。




l20190105_9390.jpg


特別門松を探していたわけではないのですが、次に見えたのがこの「寸胴」です。

梅の枝が挿してありますね。




l20190105_9391.jpg


こちらは先のものと同じですね。




l20190105_9393.jpg


ツワブキがまだ咲いていました。

すごいですね。




l20190105_9395.jpg


FUJIFILM Imaging Plaza は東京メトロ千代田線の「二重橋前」が最も近いです。

 

 

明日の朝は早く出るので更新はお休みします。




 

nice!(23)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 23

コメント 2

middrinn

門松ある家、今は見ない、てゆーか、昔から見た記憶が
ないですねぇ(@_@;) 国旗掲揚の家はあるかな(@_@;)
by middrinn (2019-01-05 20:26) 

センニン

middrinn さん、こんばんは。
我が家の近所では一軒だけです。民家ではなく羽振りの良い工場ですが。
我が家は張り紙です。
国旗、昔は掲揚していましたが、柱に取り付けた金具が錆びて使えなくなってからは掲揚していませんね。
ものはまだあったはずですが。
by センニン (2019-01-05 21:07)