So-net無料ブログ作成

室内で撮ると:8mm と 16mm [写真]

l20181205_7852.jpg


広角の見え方の違いは室内の方がより良くわかります。

 

 

l20181205_7854.jpg

 

いつも練習に使っている音楽室で、こちらが 8mm、下が 16mm です。

別の場所の音楽室もそうですが、平行面が少なくなるように作られています。

天井と床は平行ですが、平面図は変形で、壁には学校の音楽室にも使われているような素材が使われています。


 

 

l20181205_7846.jpg


l20181205_7847.jpg


16mm。




l20181205_7853.jpg

8mm。




l20181205_7849.jpg


16mm。




l20181205_7850.jpg


8mm。

 



l20181205_7848.jpg


16mm。




l20181205_7851.jpg


8mm。




l20181205_7860.jpg


歪な形ばかり見ているとこういうストレートな描写はホッとしますね。



l20181205_7859.jpg 

 

こういう写り込みを撮ってみるのもちょっと新鮮。

 

 

l20181205_7861.jpg

 

マクロで撮るのはこんなもの。

 

なんだかお母さんに咥えられて引き摺られていくシャンシャンみたいです。

 

 

 

明日は早く出るので朝の更新はお休みします。

 

 


 

nice!(24)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 24

コメント 4

middrinn

実際どのくらいの広さなのかが判らなくなります(@_@;)
by middrinn (2018-12-07 20:28) 

センニン

middrinn さん、こんばんは。
92㎡ なので 27.8坪ですね。
実際の大きさがわからないところに面白みがあります。
by センニン (2018-12-07 20:40) 

響

部屋だけの風景だとあまり差を感じませんが
被写体に寄ると広角らしさがよりわかりますね。
by (2018-12-08 09:44) 

センニン

響 さん、こんばんは。
デフォルメの面白さですね。
遠近感が日常で感じることがないほどに強調されます。
by センニン (2018-12-08 21:34)