So-net無料ブログ作成

MINTON:PATE-SUR-PATE by Alboin(e) Birks【その2】 [アート]

t20180317_0897.jpg

 

以前もご紹介しました MINTON の作品ですが、昨日超弩級ともいうべきものを見ることができました。

余談ですが超弩級というのはイギリス海軍の大きな軍艦 Dreadnought(当て字:弩。1906年進水)を超えるという意味で、ものすごくでかいというのが元の意味です。

C.F. Martin & Co. のギターの型番のD も Dreadnought の頭文字です。

 

 


t20180317_0873.jpg


t20180317_0898.jpg


技法は同じですが、ものすごいのはその厚みです。




t20180317_0899.jpg


作者の頭文字 A B が見えますが、その前にあるのは L なのか I なのか。




t20180317_0900.jpg


t20180317_0902.jpg


t20180317_0903.jpg


釉薬もとても厚く掛かって美しい光沢を見せています。

 

 

t20180317_0911.jpg




t20180317_0904.jpg


t20180317_0909.jpg


t20180317_0907.jpg


t20180317_0932.jpg


手彩色の金彩。

24金でしょう。




t20180317_0912.jpg


反対側です。




t20180317_0913.jpg

 

t20180317_0916.jpg



t20180317_0914.jpg


t20180317_0919.jpg


t20180317_0924.jpg


t20180317_0927.jpg


厚みがご覧いただけるでしょうか?

一体どれだけの手間がかかっているのでしょう?

気が遠くなるような話です。

 

 

美術館にあってもおかしくないクオリティです。

 

昨日の作品もこれも外車が買えるお値段です。

手の届かない世界なのでかえって気が楽です。

 

頑張れば買えなくもないというのが怖いのです。


 




 

nice!(28)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

nice! 28

コメント 0