So-net無料ブログ作成

シルバーのブランネン二本を試奏する [楽器]

bz2012_0818_142520AA.jpg


上二本が Brannen = Cooper のシルバー(H足部管付)、その下が同じく 14k、一番下が Nagahra のフルコンサートの 14k です。


bz2012_0818_142730AA.jpg


BOSTON と LONDON の刻印があります。

Brannen Bros. が BOSTON、Cooper さんが LONDON ですね。



bz2012_0818_142617AA.jpg


歌口の比較です。

一番左が Nagahara です。



bz2012_0818_142634AA.jpg


Brannen 三本です。

左の二本は似ていますが、右の一本がやや異なっています。



bz2012_0818_143326AA.jpg


似ている二本です。



bz2012_0818_143239AA.jpg


左が先週試奏したもの、右が最近入荷したものです。


向かって右上が余計にカットされているように見えるのが特徴的です。



bz2012_0818_142706AA.jpg


横から撮ってみました。


bz2012_0818_142809AA.jpg

シルバーの二本は足部管には刻印はありませんね。
しなくなったのでしょうか。


さて試奏した印象ですが、先週試奏した方は Brannen らしい響きで、隣の 14k と共通する響きを持っています。
音の厚みなどはもちろん異なるのですが、低音域の太さが印象的です。
倍音は複雑で、豊かな音色を持っています。

新しい方は現代的な響きで、明るさが加わり、比較するならこちらの方が遠鳴りするという印象です。

音量も大きめです。

少し Powell に近いという印象があります。

反応は良く、オクターブの跳躍も外す事は少ないでしょう。

 

音程はどちらも良くて第三オクターブでもひどく外れる事はなく、吹いていて楽です。これは Brannen 共通の特長です。

 

新しい方はどんな曲でも対応できる柔軟性を備えていると言っても良いと思いますが、先に試奏した方は音色のコントロールも含めてやや難しさがあります。

 

もしどちらかを購入するとしたら新しい方を選びます。

古い方の特徴は響きの太さなどを別にすれば 14k の方にもあります。

 

 

試奏後に伺ったお話では頭部管を削った人が異なり、新しい方が元々の Brannen  の血を受け継ぐ方が削ったもので、もう一方は現在その他に二人いる技術者が削ったものだそうです。

タイプとしてはどちらもモダンクーパーと呼ばれるタイプのようで、息の圧力が保てる奏者でないと p で鳴らなくなってしまうそうです。

 

 

bz2012_0818_143607AA.jpg

 

美しく並んだキーです。

 

 

bz2012_0818_143626AA.jpg

 

bz2012_0818_143401AA.jpg



bz2012_0818_142848AA.jpg

Nagahara のフルコンサートは以前記事にしましたが、胴部管が短くその分頭部管が長く、テーパーが長くなっています。


bz2012_0818_142953AA.jpg

キーのデザインはよく似ていますが、パイプの構成など細かい点は違います。


bz2012_0818_143520AA.jpg

ハンドメイドの楽器は個体差が大きいですね。
特に頭部管においてそれが顕著です。

これから新しく良い楽器を買おうとする人はある程度以上の楽器は必ず自分で吹いて他の人にも聴いてもらった方が良いです。

その楽器店で納得できなかったら他のお店に行ってみましょう。
その時は必ず今使っている楽器を持って行きましょう。
場所やその日のコンディションによって響きが異なります。


それにしても Nagahara はやはり際立った個性を持った楽器です。
いくつもの豊かな音色がありますし、反応がよくダイナミクスの表現が思いのままで、まさに表現者の楽器です。




 

にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村



nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 8

コメント 2

kazu-kun2626

楽器選びはこだわりを持つ人には
楽しくも難しいみたいですね~
素人の私には長さの違い以外は
全て同じに見えちゃいます~ (笑)
by kazu-kun2626 (2012-08-19 06:14) 

センニン

kazu-kun2626 さん、おはようございます。
そういうものですね。
私もフルートならある程度見分けがつきますが、メカニズムの一部だけ取り出してみせられたらどこのものかはわからないでしょう。
フルート以外の楽器については kazu-kun2626 さんと同じです。
微妙な違いがわかったとしても重要な違いなのか個体の ぶれ なのかはわかりませんね。
フルートでも音に関係する重要な部分(歌口など)は少しの違いが大きいのですが、頭部管の先端のクラウンと呼ばれる部分やその周りの飾りなどは好みと言いますか趣味と言いますか、そうした範囲にとどまります。もちろん、それも音に無関係ではないのですが、ごくわずかな違いであるだけです。
持った時のバランスや彫刻の巧拙など、使う人以外は気にしないポイントもあります。
by センニン (2012-08-19 07:07) 

トラックバック 0