So-net無料ブログ作成

retriever の発音は? [違うだろ]

grz2012_0414_171205AA.jpg

水曜日の読売新聞の「編集手帳」に患者の尿からガンを嗅ぎ分けるという犬が紹介されていました。
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/column1/news/20120424-OYT1T01234.htm


その内容は実に興味深いのですが、ここで取り上げるのはそのワンちゃんの犬種のカタカナ表記です。
そこでは「ラブラドルレトリバー」と表記されているのですが、この表記には引っかかるものを感じます。

英語表記は retriever ですが、このカタカナ表記には4種類が混在しています。
1. レトリバー
2. リトリバー
3. レトリーバー
4. リトリーバー

まず字面を見ただけで「リバー」ではなく「リーバー」であろうことは容易に想像できます。
そうすると頭は「レ」なのか「リ」なのかが問題になります。

そこでまず意味を調べてみることにしました。
研究社の新英和中辞典では
 retrieve の音節を re・trieve、発音記号を rɪtríːv としています。
http://ejje.weblio.jp/content/retrieve
「リ」ですね。
意味は「回収する」などで、これはその犬の特性(撃ち落とした鳥などの獲物を銜えて主人のところに持ってくる)を表しています。ゴールデンもラブラドールも鳥猟犬なのです。

ところが同じ辞典で
 retriever は レトリーバー  と表記されています。(音節は re・tríev・er)

re で始まる単語はたくさんあります。
メールの返信を書こうと操作すると件名の頭に re: が付きますね。
repeat
return
rewind
repair
remix
remember
restructure
request
reflex
report

record
regist
rest
restaurant

ランダムに並べてみましたが、10番目まではカタカナで表記する時は「リ」で始めることが普通でしょう。レターンとかレペアとかレストラとは言いませんね。

残りの4つは「レ」で始めることが普通だと思いますが、こうして並べてみると「再度〜する」というような意味を含んでいる時は「リ」であると思っていて良いようです。

すると retriever は「リトリーバー」が本来の発音に近いだろうと思えます。
疑問がある時は原語表記と辞書に当たるべきですね。

※ '12.04.28 追記。  reflex は普段私たちはレフレックスと言っています。一眼レフの「レフ」で、「レフを起こす」「レフ板」などと言いますが、本来は「リーフレックス」です。「リー」にアクセントがあり、長めに発音されます。これは先日触れた音楽と言葉にも関係します。アクセントが置かれる音符は長めになるのが原則です。


にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 5

コメント 0

トラックバック 0