So-net無料ブログ作成

その時仙台フィルは [災害]

nkz2011_0322_193059AA.jpg

今日の日経新聞朝刊の文化欄に仙台フィル正指揮者の山下一史さんの文章が掲載されていました。

その日は午後7時から仙台市青葉区の青年文化センターで演奏会の予定で、最終リハーサル直前だったそうです。
揺れた瞬間は全員がステージ裏。
降り番のメンバー以外全員がここに居たそうです。

ホールは閉館することとなり、全員が帰宅したそうですが、山下さんなど何人かは車で帰れたものの、大部分のメンバーは歩いて帰ったそうです。

滞在していたホテルから退避勧告が出たため、懇意にしているタクシーの運転手さんの自家用車で福島空港まで送ってもらい、東京のご自宅に帰る事ができたそうです。

仙台フィルの演奏会は6月まで中止となったそうですが、しばらく前の NHK の報道番組によると被災地で求められているものの中に "音楽の生演奏" とありました。
合唱コンクールが中止になったのでとして被災者の前で演奏している様子も伝えられていました。

「生」である事が必要なのでしょうね。
CD や DVD の再生にはない力が生身の人間による生演奏にはあるのです。

こんな大変な時に音楽なんて、と思われるのではないかという一種のおそれが気持の中にあります。
もしそういうボランティア活動の機会が与えられるなら、事情が許すならやってみたいと今思っています。

nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 6

コメント 2

ユーフォ

被災地で求められているんですね! "音楽の生演奏"(^^♪
by ユーフォ (2011-03-23 23:29) 

センニン

ユーフォ さん、こんばんは。
出番です (^^)
被災地の状況を事前に調査しなければならないでしょうが、ある程度落ち着いたところでは喜ばれるだろうと思います。

遠いですしスムーズに行けるのかどうかも分かりませんが、誰でも出来る事ではありませんので、意義はあると思います。

もしニュースなどで取り上げられれば多くの人に知ってもらう機会になるかもしれませんね。

支援物資を持って行ければ更に喜ばれるかもしれませんね。
by センニン (2011-03-24 20:28) 

トラックバック 0