So-net無料ブログ作成

今年の "えと" は? [豆知識]

etz2010_1230_183518AA.jpg

門松も今日までですのでお正月らしい話題にしてみます。


etz2011_0106_201538AA.jpg

タイトルのように訊かれたら大部分の人は「卯年」と答えるでしょう。
しかしこの答えでは不正確だと言わなければなりません。
正解は「辛卯(かのと う)」です。

「えと」を漢字で書くと「干支」ですが、実は「えと」と読むこと自体が正確とは言い兼ねるのです。
「干支」は「かんし」と読むのが正解です。
「辛(かのと)」が 干、「卯(う)」が 子 です。
十干 と 十二支 ですから「かん」と「し」なのです。

十干はご存知の方も多いと思いますが
 甲、乙、丙、丁、戊、己、庚、辛、壬、癸 の10種類、
十二支は知らない人はいないでしょうが
 子、丑、寅、卯、辰、巳、午、未、申、酉、戌、亥の12種類です。
これをひとつづつ組み合わせて行くと 十と十二の最小公倍数で60種類ができます。
今年は「辛卯(かのと う)」、来年は「壬辰(みずのえ たつ)というぐあいです。
61年目にはまたもとに戻る訳で、これが「還暦」です。


では「かのと」とか「みずのえ」とは何でしょうか?
これは陰陽五行説というものを基にしていて、これを十干に当てはめて
 木、火、土、金、水
の五行に各々陰陽一対(兄と弟)を配して表したものです。
 木の兄=きのえ =甲
   弟=きのと =乙
 火の兄=ひのえ =丙
   弟=ひのと =丁
 土の兄=つちのえ=戊
   弟=つちのと=己
 金の兄=かのえ =庚
   弟=かのと =辛
 水の兄=みずのえ=壬
   弟=みずのと=癸
となります。

こうした漢字を眺めていると学校で歴史の時間に習った事やものの名前などを思い出します。
 甲子園球場(1924年開園)
 甲子正宗 千葉県の酒造メーカーの商品名
 壬申の乱(672年)
 戊辰戦争(1868年)
 辛亥革命(1911年)

 丙午(ひのえ うま)・・・1846年、1906年、1966年、2026年・・・
  八百屋お七として後世有名になった女性が 1666年の丙午の年の生まれであったとされた事やもともと陰陽五行説では「丙」も「午」も「火」を表す事からこの年に生まれた女性は気性が荒くなるという俗説が生まれました。俗説ではありますが、この年は実際に出生率が下がるという統計があります。

ご自分の生まれ年の「支」、だけでなく「干支」を憶えていても良いですね。



nice!(13)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 13

コメント 4

オカジュン765

こんばんわ。難しいですね。今年年男の私は、癸卯になるのですか。
確かに弟は丙午で受験も楽だったと聞きます。

by オカジュン765 (2011-01-07 22:24) 

ポコちゃん♪

明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。
by ポコちゃん♪ (2011-01-07 23:55) 

センニン

オカジュン765 さん、おはようございます。
60年に一度ですから、正確に干支を言うと生まれ年が分かってしまいますね。
科学的な根拠はなくても少しでも縁起の良くない事は避けたいというのは無理もない事でしょう。
気にする人はだんだん少なくなるでしょうが、その年に生まれた子がやがて親になるまでにはいろいろな事を知るでしょうし、避けられるものは避けたいと考える人もいなくなる事はないでしょうから、俗説は残るでしょうね。
大安や仏滅、大吉や大凶がある限りは。
by センニン (2011-01-08 08:06) 

センニン

ポコちゃん♪ さん、おめでとうございます。
こちらこそよろしくお願い致します。
今日から通常のペースに戻します。
by センニン (2011-01-08 08:08) 

トラックバック 0