So-net無料ブログ作成

大黒柱は20cm [住宅]

hz2010_1114_065141AA.jpg

我が家は現在リフォーム中です。
木造在来工法の一戸建てですが、私より古く築55年以上になります。妙に細かいですが。
昔の造りなので軒など一部亜鉛メッキ鋼鈑(いわゆるトタン)葺きのところもあるのですが、スレートと同じように定期的に塗り替えを行わなくてはなりません。

今回も塗り替えを行う予定でしたが、リフォーム業者と打ち合わせするうちにいろいろ直したい箇所や直さなければならない箇所が浮かび上がってきて結局当初予定していたより大規模なリフォームを行う事になりました。

トタン葺きの部分は瓦葺きに。
アルミ建具を後から入れた部分はアルミサッシとアルミのシャッターに。
かなり傷んでいる廊下は張り替えます。


軒を剥がしたところを撮っておきました。
梁に丸太が使われています。


hz2010_1114_065058AA.jpg


hz2010_1114_065650AA.jpg

こちらはリフォームとは関係ない室内の一部ですが、大黒柱です。
一辺が 20.5cm あります。
聞くところによると原木はもっと太い柱が取れるだけの大きさがあったそうですが、それほど大きな屋敷ではないので不釣り合いになるという理由で細くされたそうです。
子供の頃はずいぶん太く感じましたが、測ってみるとそれほどでもないですね。

交差しているのは多分松材で、高さを測ってみると 27.5cm ありました。
今は在来工法(木造軸組工法)でも特別な注文住宅ででもなければ大黒柱やこんな梁を使う事はないでしょうね。


hz2010_1114_065743AA.jpg

見上げるように撮ってみました。
古色蒼然ですが、頼もしいです。

今まで何度かリフォームや増築を行って来ましたが、今回の大幅なリフォームで住める期間がだいぶ延びるはずです。100年使えるかどうかは分かりませんが。

nice!(23)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

nice! 23

コメント 4

nyankome

まさに大黒柱ですね。
私の現在住んでいる家も、家の大きさに不釣り合いな柱があります。
今ならきっと使われないのでしょうね。
by nyankome (2010-11-18 00:21) 

IWARIN

木造建築の住宅に温もりを感じるのは、やっぱり我々が日本人だからなのでしょうか。わが家はちょうど築10年で、木質パネル工法なので、いわゆる柱というものがありません。そろそろ屋根や外壁にいくらか手を入れないと長く住めないのかなと思っています。
by IWARIN (2010-11-18 01:10) 

センニン

nyankome さん、こんばんは。
やはり年数を経たお家なのでしょうか。
我が家にはありませんが、夷柱と呼ばれる柱もあるでしょうか?
by センニン (2010-11-18 20:32) 

センニン

WARIN さん、こんばんは。
強度に優れた木質パネル工法や2×4は台風や地震のある日本では大きなメリットがある工法ですね。
屋根の種類にもよりますが一般的な木造住宅は建物としての評価は24年程度でほぼなくなりますが、住み続けられるかどうかは別問題です。
スレート葺きの屋根でしたら10年程度経過した頃には塗装が必要でないかどうか点検した方が良いですね。瓦葺きでも瓦にズレがないか、割れていないかなどを点検した方が良いですね。
外壁は造りにもよりますが、接合部などを点検した方が良いでしょう。万一隙間やひび割れがあって水が侵入するようですと下地が腐食しますし、冬期の凍結によって亀裂が広がる可能性があります。
by センニン (2010-11-18 20:48) 

トラックバック 0