So-net無料ブログ作成

ロースト後の空気が抜ける様子 [コーヒー]

先週真空パックにした豆はどうなったでしょうか。
上の写真の左が土曜日にパックしたもの、右が日曜日にパックしたものです。

斜めから撮るとこんな感じです。上側が土曜日のものです。
かなり違いが出ていますね。日曜の方が深煎りになりましたが、その通りの結果です。

更に分かりやすいショットです。もっと深煎りにするとはち切れんばかりになってしまいます。
そうなるとそれ以上は空気は出てこられないのですが、開封した直後からそれっとばかりに抜け始めます。

この違いがドリップしたときの膨らみ方の違いになるのです。
窒素を詰めたとしても、酸化は防止できても内部から空気と香りが抜けるのを止めることはできないのです。

2週間前に買った D の豆をまたドリップします。
写真では分かりにくいかもしれませんが、脹らまずに沈んでしまう感じです。
しかも、端の方まで湯が届く前にサーバーに落ち始めてしまいます。
古い割にペーパーの白い部分が多いのはそのためです。

こうなるともう香りはあまり立ちません。
しかし、味わいは予想外に悪くありません。

今日はまた別の D で "コロンビア エルドラド" という豆を買ってきました。
明日の朝ハンドピックとドリップをやってみます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 0

コメント 0

トラックバック 0